MESSAGE大切な人を受診させたい病院へ
 ~新本館1年を経て~

病院長 岩坂 壽二
病院長 岩坂 壽二

今日も広いピロティに守られている玄関には、京阪滝井駅、患者送迎巡回バス、タクシーからたくさんの患者さんがおいでになりました。患者さんの負担を減らす院内調剤も正午ごろ、お薬渡し窓口の前が満員となります。診察、薬の待ち時間短縮にはこれからも努力しなければなりません。救命救急センター、外傷センターでは、断ることなく救急患者さんの健やかな市民生活の確保に全力を尽くしています。
昨年のゴールデンウイーク、夜に雨が降り、昼間は晴れるという幸運に導かれ、入院患者さんの新本館への移動は円滑に運び、診療も途切れることなく行えました。1,110名の職員はリエゾン精神医療をベースに患者さんの不安、恐怖と向き合い、笑顔を忘れず最新・高度な治療を行っています。
新本館開設以来の1年間で、外来患者さんは344,342名、入院患者さんは16,304名におよび、34診療科に分布しています。病院機能評価を受審し、ほぼ全ての機能が水準以上のAクラスと高い評価を受け、重症患者の管理と集中治療機能では最高ランクSを獲得しました。
2年目を迎えた今日、大阪市北西部、北河内医療圏の中核機能を担う拠点病院として“大切な人を受診させたい病院へ”を実現したいと思っています。
来年にはサッカー場がすっぽり入る広さの、ホスピタルガーデンが完成し、さらに憩のある病院が誕生します。

  • 副病院長 關 壽人 副病院長ご挨拶
    副病院長 關 壽人

    前へ

    院内処方・院内調剤の導入でより便利になりました

    副病院長 關 壽人
    副病院長 關 壽人
    平成29年4月1日より総合医療センター 薬剤部部長を兼務しております。
    当院は、昨年の本館移転に伴い、院内処方・院内調剤が導入されました。
    これにより患者さんは、会計を済まされた後、院内で当院の薬剤師から直接お薬を受け取ることが可能となりました。
    また会計終了後、約80%の患者さんには30分以内にお薬をお渡し出来ています。
    今後も患者さんにとって、安心・安全で遅滞のない薬剤業務を推進いたします。

    閉じる

    次へ

  • 副病院長 室田 卓之 副病院長ご挨拶
    副病院長 室田 卓之

    前へ

    皆様に頼られる病院を目指します

    副病院長 室田 卓之
    副病院長 室田 卓之
    本館が移転し1年を迎えました。附属滝井病院から総合医療センターヘ名称が変わりましたが、もう違和感は無くなりましたでしょうか?これまで通り、隣接する大阪市旭区、城東区、鶴見区、東淀川区や守口市、門真市、寝屋川市の医療機関と連携し、患者さん中心のキメ細かく高度な医療を提供できるよう努力してまいります。総合医療センターとして皆様に頼られる病院を目指し、大切な人を受診させたい病院へと、なお一層尽力いたします。

    閉じる

    次へ

  • 副病院長 吉岡 和彦 副病院長ご挨拶
    副病院長 吉岡 和彦

    前へ

    病院に対するご意見をお聞かせください

    副病院長 吉岡 和彦
    副病院長 吉岡 和彦
    新館に引っ越しをしてから1年間、多くの患者さんに来院して頂きました。新館には各科の外来、手術室、通院で抗がん剤を使った治療をする化学療法外来などがあります。また4階から上には入院患者さんのための病棟があります。建物は新しくなりましたが、医師、看護師その他のスタッフが技術や誠意を提供し、患者さんに満足して頂く場であるという病院の本質は変わりません。来院された際にはご意見やご要望を是非お聞かせください。

    閉じる

    次へ

REASON総合医療センターが選ばれる理由

患者満足度調査

平成29年1月に行った患者さんへのアンケート調査の結果です。

詳しく見る

医療の質について

当院では、医療の質や医療安全の向上のため、当院の様々な診療データを数値化し、評価・分析することにより、この結果を検証し、改善に取り組んでいます。

詳しく見る

POINT総合医療センター診療科の"イチオシ"