MENU

入試情報

  • 入試情報
  • 学部
  • 医学部
  • 入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

アドミッションポリシー

求める学生像

求める学生像

建学の精神に則り、学問的探究心を備え幅広い教養と国際的視野を持つ人間性豊かな良医を育成するため、本学に入学するものに次のことを期待します。
  1. 本学の教育理念に共鳴し、強い意欲を持って学び、新たなことにも積極的にチャレンジする人
  2. 生命と自然に対する敬愛を持ち、相手の立場に立って考え、行動することができる人
  3. 国際的な視野を持ち、医学・医療の進展に貢献したいという熱意を持った人
  4. 多様な人との協力を惜しまず、自らも問題を解決しようと努力し、継続的に自らを高めようとする人

本学入学までに求める学習成果

本学での教育を円滑に進めるため、入学までに次の能力を養うよう希望し ます。
  1. 生命科学・医学を学ぶための高校卒業レベルの学力
  2. 論理的思考力などの総合的学習能力
  3. 多様な人々と協調、協力して物事を成し遂げようとするコミュニケーション能力
  4. 国際社会においても活躍できる基礎となる語学能力

入学者選抜方針・趣旨

  先に示した学習成果を評価するために、本学では推薦入学試験、一般入学試験、センター試験利用入学試験といった多様な試験を行っています。これらを通して、医師・医学者となるにふさわしい資質を備えているかを総合的に判断します。

推薦入学試験では、推薦書、調査書により高校での活動を評価するとともに、適性検査(総合的学力試験)、表現力や論理的思考力をみるための小論文試験、積極性や協調性、コミュニケーション能力をみるための面接試験を行います。また、この制度は特別枠に対する理解・意欲などを含めて評価します。

一般入学試験は、幅広く人材を募集するもので、筆記試験(数学、英語、理科、小論文)と面接試験を課し、それらの結果と調査書を総合的に評価して合格者を決定します。また、大阪府地域枠は将来、大阪府の地域医療に従事し、貢献しようとする明確な目標を持ち、それを貫く強い意志を有するかを含めて評価します。

センター試験利用入学試験は、筆記試験の代わりに大学入試センター試験(数学、英語、理科、国語)および面接試験を課し、それらの結果と調査書を総合的に評価して合格者を決定します。

ページの先頭へ