MENU

入試情報

  • 入試情報
  • 学部
  • 医学部
  • 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

 医学・医療の進歩と質の向上に努め、豊かな感性と教養があり、生涯にわたり国際社会や地域社会に貢献できる医師を育成するため、次のような人材を求めています。
 
・高い倫理性と豊かな人間性を有する人
・医学・医療の進歩に貢献しようとする熱意を有する人
・医師に必要な使命感、協調性を備えた高いコミュニケーション能力を有する人
・課題を発掘する好奇心や探究心を有する人
・自己啓発・自己学習を継続する意欲を有する人

本学入学までに求める学習成果

 入学する学生には、高等学校等における教育課程により習得した基礎学力を、分析力や俯瞰力により高度な学びへと展開できるように、次のような能力を求めます。
 
・生命科学・医学を学ぶための高校卒業レベルの学力
・論理的思考力などの総合的学習能力
・多様な人々と協調、協力して物事を成し遂げるためのコミュニケーション能力
・国際社会においても活躍できる基礎となる語学能力

入学者選抜の基本方針

 医学・生命科学に深い関心を持ち、真摯な姿勢、強い熱意を持って真理を探究し、国際社会や地域社会で活躍できる医師としての資質・適性を持つ人材を見極めるために、学力試験のみならず、小論文試験・面接試験を課し、総合的な判定に基づき、入学者を選抜します。
 
・一般入学試験では、個別学力試験と小論文・面接試験を課し、それらの結果と調査書から総合的に評価します。また、地域枠は、将来、地域医療に従事し、貢献しようとする明確な目標を持ち、それを貫く強い意志を有するかを評価します。
 
・大学入試センター試験利用入学試験では、個別学力試験に代わって、高等学校卒業レベルの基礎学力を有するかを評価します。さらにコミュニケーション能力、学問や研究に対する熱意や積極性、倫理観等について面接試験で評価を行います。
 
・大学入試センター試験・一般入学試験併用入学試験では、大学入試センター試験で測る基礎学力と、個別学力試験で測る高い思考力や表現力をバランスよく兼ね備え、医学を学ぶ基盤となる科目への理解度を評価します。
 
・学校推薦入学試験では、高等学校での成績において所定の基準を満たす学生を対象に、特別枠に対する理解・意欲、高等学校での取り組みや医学研究に対する考えを評価します。
 
・特色入学試験では、多様な背景を持つ人の特性を評価します。国際バカロレアのディプロマ・プログラムにおいて優秀な成績を修め、多様な社会で活躍できることを評価する国際型、高い英語の能力を持ち、グローバル社会において、医学・医療の進歩に中核的役割を果たす自覚を評価する英語型、科学オリンピックにおける優秀な成績に加え、医学や生命現象に対する探究心と独創性を評価する科学型の3種類があります。

ページの先頭へ