MENU

入試情報

教員メッセージ

『勉強と実践』を重ね
心に寄り添う良医へ。

髙橋寛二

TAKAHASHIkanji

担当科目
眼科学
研究テーマ
眼底疾患(網膜・黄斑の病気)

教育・研究・臨床について

専門領域・研究テーマについて教えてください。

専門領域は眼底疾患(網膜硝子体疾患、黄斑疾患)です。そのなかでも人口の高齢化に伴って急増している加齢黄斑変性(欧米で視覚障害の原因第1位、日本で第4位)を専門疾患として診療と研究を行っています。その他、眼循環、眼腫瘍、眼病理学なども専門としています。

先生の研究・活動について教えてください。

本学の大学院時代から、加齢黄斑変性の実験モデル(サル、ラット)を用いた脈絡膜新生血管の発症機序や治療実験を行ってきました。長年、厚生労働省の網膜脈絡膜・視神経萎縮症の研究班の班員として研究に参加し、加齢黄斑変性の診断基準や治療指針の作成に携わってきました。診療においても長年の経験があります。この病気は理化学研究所において初めてiPS細胞の人体への応用がなされた疾患でもあり、社会的に関心が集まっています。そのためマスコミで取り上げられることも多く、NHKのテレビ番組『ためしてガッテン』や『チョイス@病気になったとき』などに解説者として出演しました。

大学では、大学院教務副部長、図書館長を務めています。学会活動として、日本眼科学会評議員、日本網膜硝子体学会理事、日本眼循環学会理事、日本眼腫瘍学会理事、眼科PDT研究会世話人代表、日本眼病理研究会副会長を務め、今年、日本眼循環学会を大阪で主催しました。日本眼科学会における担当業務として、学術雑誌である「日本眼科学会雑誌」の編集幹事、眼科専門医試験委員会の副委員長などを務めています。

関西医科大学について

関西医科大学には、どのような魅力がありますか?

関西医科大学は、自分自身を医師として育ててくれた大学であり、人に尽くせる「良医」を生む大学だと思います。特に現在は、学習環境、教育設備が抜群に良いと感じています。また、同窓会組織がしっかりしており、同級生、先輩・後輩のつながりが強いのも良いところです。大阪女子医専に発する「優しい」医療人の育成も大きな特徴だと思います。

関西医科大学には、どのような学生が多いと思われますか?

人間的に優しい学生が多いと感じます。これは医師になるのに重要な資質のひとつですので、この特性を十分に伸ばしていってほしいと思います。

先生は、どのような学生時代を送ってきましたか?

親戚に医師が多い環境下で育ちましたので、自然と医師を目指すようになりました。眼科を選んだのは、マイナー外科の領域でも「視覚」という非常に重要な感覚を取り扱う点で特殊な発達を遂げた科であること、それに当時の宇山昌延教授の教育方針に惹かれたことが大きかったです。

当時は弱小クラブであった剣道部で体力・気力を養い、6年間京都から片道1時間半かけて通学しながらひたすら勉強しました。そのおかげで、大学同窓会から卒業生主席に与えられる「大原賞」をいただきました。

指導について

医療において大切に思われていることは何ですか?

患者さんの気持ちに寄り添う医療です。そして安全で間違いのない医療を行うためにも、とにかく勉強してそれを臨床に還元し、実践することが重要です。

上記を踏まえて、学生にはどのように指導をされていますか?

まず医学の基礎をしっかり勉強して自分のものとし、その上に専門的な知識を付加していくように指導しています。用語や知識の丸覚えではなく、病理病態を十分に理解したうえで医学的知識の拡充を行うことが重要です。

学生にはどのようなことを期待されていますか?

厳しい受験戦争を勝ち抜いてきた皆さんですから、その歩みを止めることなく、たゆまず学び続けてもらいたいと思います。医師としての将来に備えて、体力づくりも重要です。そして学年で一致団結して、国家試験合格を目指してほしいですね。

受験生へのメッセージ

関西医大は心身のバランスが取れた学生さんを求めています。
「良医」になりたいなら、関西医大にぜひ入学を!

ページの先頭へ