MENU

入試情報

教員メッセージ

We value Logic,
Humanity & Teamwork

正人

KITAmasato

担当科目
産科学婦人科学
研究テーマ
婦人科手術

教育・研究・臨床について

専門領域・研究テーマについて教えてください。

婦人科悪性腫瘍の治療は、より集学的な治療が行われるようになっていますが、日本の手術療法は根治性において世界をリードし続けています。そして最近はこのような優れた治療成績を落とさずに、術後のQOLをより高められる手術が求められています。

先生の研究・活動について教えてください。

婦人科疾患の手術治療において、根治性を損なわずに術後のQOLをより高く維持できる手術手技を研究し、実践しています。具体的には、進行期子宮頸癌手術における神経温存、婦人科悪性腫瘍手術におけるリンパ浮腫予防などについて研究し、学会発表を続けています。また、子宮頸癌前癌病変の光力学的治療や国産初の手術支援ロボットの共同開発も進めています。

関西医科大学について

関西医科大学には、どのような魅力がありますか?

私立の医科大学として、「臨床機能を高めるために可能な限りの機能強化を行う」という姿勢を強く感じます。優秀なスタッフによる、高機能な医療設備を用いた、最高の医療を提供するために、大学・附属病院が一体となって努力し続けています。そのような体制のなかで臨床・教育・研究に取り組めることは、忙しくも恵まれた環境であると言えるのではないでしょうか。

関西医科大学には、どのような学生が多いと思われますか?

勉強熱心で患者に優しい学生が多いと思います。このような資質は、将来、良き臨床医になるために大切です。また、チーム医療に不可欠のスキルである医療スタッフとのコミュニケーション能力も高いと思います。

先生は、どのような学生時代を送ってきましたか?

学生時代は、幅広い教養を身につけるために、いろいろな勉強をしたつもりです。ヒトが生まれ、成長し社会を営み、また次の世代に引き継いでいくことに直接関われる仕事として、産婦人科を志し、現在に至っています。

指導について

医療において大切に思われていることは何ですか?

まず論理的に物事を考えること、そしてその結論が人間性に沿っていることが大切だと思っています。そのために重要となるのは、チームワークです。論理的に討論ができない組織、人間性に問題があるような方針、チームを乱すような行動は、可能な限り無くすように努力しています。

上記を踏まえて、学生にはどのように指導をされていますか?

カンファレンスでは論理的に考えて自分の意見を出し、それを発表して討論しコンセンサスに至る過程を根気よく学ぶよう指導しています。私自信も内視鏡手術の練習は1日たりとも欠かさないように心がけていますが、楽器の練習と同じで、それを1日でもサボるとすぐわかります。3日サボると他人にもわかります。学ぶというのはそれほど繊細ですし、だからこそ努力が重要になります。

また、「診療方針が患者さんの訴えに本当に即しているのか」ということも、常に学生に問いかけています。

学生にはどのようなことを期待されていますか?

毎朝、学生や若い研修医には「What’s new?」と問いかけています。とにかく、新しいことにチャレンジする好奇心と、やり始めたら投げ出さない忍耐力を期待しています。

受験生へのメッセージ

医療・医学の世界は、皆さんの想像以上に大変で、やりがいがあって、エキサイティングです。
その第一歩を関西医大でぜひ一緒にがんばりましょう。

ページの先頭へ