関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
入試情報

平成26年度 関西医科大学大学院医学研究科学生募集要項(博士課程)

ページ内インデックスです。目的のリンクをクリックしてください。

1.専攻及び募集人員

1.専攻及び募集人員

50名(社会人特別学生・外国人特別学生 若干名)
専  攻 授    業    科    目 募集人員
医科学専攻
代謝機能制御系
細胞分子生理学(生理学一)、分子生体機能学(医化学)、分子薬理学(薬理学)、細胞生物学(生物学)、生化学(化学)、生物物理学(物理学)、健康科学、循環器・腎・内分泌代謝内科学(内科学二)、消化器内科学(内科学三)、外科学、胸部心臓血管外科学、産科学婦人科学、臨床検査医学、救急医学

30
医科学専攻
高次機能制御系
システム細胞科学(解剖学一)、脳構築学(解剖学二)、高次認知脳科学(生理学二)、神経内科学、脳神経外科学、整形外科学、形成外科学、麻酔科学、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学、眼科学
医科学専攻
生体応答系
幹細胞病理学(病理学一)、比較病理学(病理学二)、微生物学、分子免疫学(分子遺伝学)、血液・呼吸器・膠原病・感染症内科学(内科学一)、小児科学、皮膚科学、腎泌尿器外科学、放射線科学
医科学専攻
社会環境医療系
環境生命医学(衛生学)、公衆衛生学・国際保健学、法医学・生命倫理学、医学統計学(数学)、医療情報学(情報センター)、全人的医療学(心療内科学)、精神神経科学、医療行動科学(心理学)
先端医療学専攻
修復医療応用系
修復再生病理学(病理学一)、分子免疫病理学(分子遺伝学)、ウイルス腫瘍学(微生物学)、幹細胞生物学(衛生学)細胞免疫治療学(内科学一)、血管再生治療学(内科学二)、粘膜再生治療学(内科学三)、細胞機能修復学(小児科学)、臓器修復・再生・移植学(外科学)、心筋再生治療学(胸部心臓血管外科学)、生殖機能修復治療学(産科学婦人科学)、骨・軟骨再生治療学(整形外科学)、皮膚軟部組織再生治療学(形成外科学)、腎移植学(泌尿器科学)
20
先端医療学専攻
ブレインメディカルサイエンス系
神経機能再生医学(解剖学一)、神経難病制御医学(解剖学二)、高次脳機能制御学(生理学二)、疼痛医科学(医化学)、神経病態薬理学(薬理学)、神経毒性制御学(病理学二)、神経・内分泌機能再生医学(公衆衛生学)、ストレス科学・行動医学(心療内科学)、神経・筋難病医学(神経内科学)、聴覚再生医学(耳鼻咽喉科学)、視覚修復医学(眼科学)、精神神経疾患病態医学(精神神経科学)、脳神経再生医学(脳神経外科学)、侵襲反応制御学(麻酔科学)、脊髄再生医学(救急医学)
  50
入学志願者は専攻及び授業科目について第1並びに第2志望(ある場合のみ記入)を選び入学願書の所定欄に記入すること。

このページのトップへ

2.入学出願資格

2.入学出願資格

1) 大学 (医学、 歯学、薬学(6年制)又は獣医学を履修する課程) を卒業した者および平成26年3月に卒業見込みの者。
*以下の者も同等の資格を持つ
a. 外国において学校教育における18年の課程 (最終の課程は医学、 歯学又は獣医学) を修了した者および平成26年3月修了見込みの者。
b. 防衛医科大学校を卒業した者。

2) 大学院研究科修士課程を修了した者および平成26年3月修了見込みの者。

3) 大学 (医学、 歯学、薬学(6年制)又は獣医学を履修する課程を除く) を卒業し、 又は外国において学校教育における16年の課程を修了した後、 大学、 研究所等において2年以上研究に従事した者で、 本大学院において、 当該研究の成果等により、 大学の医学、 歯学又は獣医学を履修する課程を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。

4) その他、 本大学院において、 大学 (医学、 歯学、薬学(6年制)又は獣医学を履修する課程) を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、 24歳に達したもの (平成26年4月1日までに24歳に達する者を含む)。
* 出願資格審査を受けることのできる者の学歴・研究期間(経験年数)等の基準
最 終 学 歴 最終学歴以降の研究期間(経験年数)等
(ア)修業年限2年の短期大学卒業者 4年以上
(イ)修業年限3年の短期大学卒業者 3年以上
(ウ)高等専門学校の卒業者 4年以上
(エ)修業年限が2年以上の専修学校の専門課程の卒業者 大学の修業年限(6年)から専門課程を置く専修学校の修業年限を控除した期間以上
(オ)外国の大学の日本校、外国人学校、専修学校(専門課程を除く)、各種学校その他国内外の教育施設の卒業又は修了者 大学卒業までの最短修業年数(18年)から最終学校卒業又は修了までの最短修業年数を控除した期間以上
 
(カ)上記(ア)から(オ)までに掲げる学校の退学者 大学卒業までの最短修業年数(18年)から当該退学した学校の退学時までの修業年数を控除した期間以上
 
 
  研究期間(経験年数)とは:大学・短期大学・官公庁・研究所・会社等において、教育又は研究部門で教育職又は研究職に従事した期間

5) 社会人特別学生
上記1) ~4) のいずれかに該当し、 官公署その他民間会社等に在職しており、 大学院入学後もその身分を有し、 所属長の受験許可を受けた者。

6) 外国人特別学生
a. 外国の国籍を有し、 外国において学校教育における18年の課程 (最終の課程は医学、 歯学又は獣医学) を修了した者および平成26年3月修了見込みの者。
b. 外国の国籍を有し、 外国において学校教育における16年の課程を修了した後、 大学、 研究所等において2年以上研究に従事した者で、 本大学院において、 当該研究の成果等により、 大学の医学、 歯学又は獣医学を履修する課程を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。

7) 長期履修制度(臨床系社会人コース)
本学博士課程では、 学外に勤務する臨床医または開業医、 もしくは本学勤務の病院助教、 専修医の身分を有し、 標準修業年限(4年) を超えて一定の期間 (5年間) にわたり計画的に教育課程を履修し、 修了することを願い出た者については、 審査のうえ、 これを許可する制度があります。
この制度の適用者を 「臨床系社会人学生」 といい、 当該学生の5年間の授業料総支払額は、 標準修業年限 (4年) による修了者と同額です。 この制度の適用を希望する場合は、 入学願書提出時に次の書類をあわせて提出すること。
①長期履修 (臨床系社会人コース) 申請書
②在職証明書等職業を有することを確認できる書類

8)研修医履修制度(臨床研修医社会人コース)
本学博士課程では、平成26年4月時点で初期研修2年目となる学外または本学附属病院に勤務する臨床研修医を対象に、昼夜開講制度を活用し、履修する制度があり、専門医認定資格獲得と学位取得を併行して行うこととなります。
この制度の適用者を「臨床研修医社会人学生」といい、この制度の適用を希望する場合は、入学期願書提出時にあわせて提出すること。
①研修医履修(臨床研修医社会人コース)申請書
②受験許可・承諾書

9)がんプロフェッショナル履修制度(腫瘍外科専門医養成コース・地域がん医療貢献型臨床腫瘍学コース・地域がん医療貢献型放射線腫瘍学コース・地域医療貢献型先進的がん治療学コース)
本学博士課程では、平成26年4月時点で後期研修医を対象に、昼夜開講制度を活用し、履修する制度があり、がん薬物療法専門医、放射線治療専門医、がん治療認定医資格獲得と学位取得を並行して行うこととなります(希望する専門医によっては、初期研修修了後すぐにがんプロのコースに入った場合、コース終了後に受験可能となる場合がある)。
この制度の適用者を「がんプロフェッショナル特別学生」といい、この制度の適用を希望する場合は、入学願書提出時に次の書類をあわせて提出する。
① がんプロフェッショナル履修(腫瘍外科専門医養成コース・地域がん医療貢献型臨床腫瘍学コース・地域がん医療貢献型放射線腫瘍学コース・地域医療貢献型先進的がん治療学コース)申請書

*注記
1. 出願資格3) ~5)、6)-b、7)、8) および9)に該当する者は、 出願に先立ち出願資格審査等を行うので、 次の申請書類を下記の期間までに本学学務課へ提出すること。 出願資格審査結果は、 書留速達により申請者に通知する。
a. 出願資格審査書類受付期間
 前期 平成25年 6月21 日 (金) ~平成25年 7月12 日 (金)
 後期 平成25年11月25日 (月) ~平成25年12月27日 (金)
受付時間は日曜日・祝日を除く午前9時から午後5時まで。
土曜日 (第2・第4土曜は除く) は正午まで。 (郵送する場合は、 受付期間内に必着のこと。)

b. 申請書類
【共通】
履歴書 (所定用紙) 高等学校卒業から現在に至るまでの経歴をもれなく明記すると。
最終学歴に関する証明書 卒業 (修了) 証明書、 成績証明書
本人の研究活動歴 大学卒業後または所属研究所等における研究活動を記入
(含む業績一覧)
【出願資格3) および6)-b】
在職 (学) 期間証明書 所属の長の証明によるもの。
研究業績 研究所年報、 学会報告等 所属する研究所等のもの。
【出願資格4)】
志望理由書 本研究科志望の理由およびこれまでの研究成果概要 (2,000~5,000字)
【出願資格5) 社会人特別学生】
受験許可書(所定用紙) 所属長作成の受験許可書
在職証明書 所属先が発行する証明書

【出願資格7) 長期履修制度(臨床系社会人コース)】
長期履修(臨床系社会人コース)申請書 本学所定の様式のもの。
在職証明書等職業を有することを確認できる書類 所属の長の証明によるもの。
【出願資格8) 研修医履修制度(臨床研修医社会人コース)】
研修医履修(臨床研修医社会人コース)申請書 本学所定の様式のもの。
受験許可・承諾書 所属の長の証明によるもの。
【出願資格9) がんプロフェッショナル履修制度(腫瘍外科専門医養成コース・地域がん医療貢献型臨床腫瘍学コース・地域がん医療貢献型放射線腫瘍学コース・地域医療貢献型先進的がん治療学コース)】
がんプロフェッショナル履修(腫瘍外科専門医養成コース・地域がん医療貢献型臨床腫瘍学コース・地域がん医療貢献型放射線腫瘍学コース・地域医療貢献型先進的がん治療学コース)申請書 本学所定の様式のもの。
※所定用紙の指示のあるもの以外は様式任意

2. 各専攻別授業科目により、 出願資格 (「医師国家試験合格者であることの有無」 等) 要件があるので確認すること。

このページのトップへ

3.入学願書受付期間

3.入学願書受付期間

前期 平成25年7月16日(火) ~平成25年8月23日(金)
後期 平成26年1月7日(火) ~平成26年2月7日(金)
受付時間は、 日曜日・祝日を除く午前9時から午後5時まで。
土曜日 (第2・第4土曜日は除く) は正午まで。(郵送する場合は、受付期間内に必着のこと。)

このページのトップへ

4.入学者選考方法および試験期日・場所

4.入学者選考方法および試験期日・場所

1) 入学者の選考は学力試験 (外国語試験、専攻別授業科目試験) 及び健康診断書等を総合して行う。
2) 試験期日、 試験科目及び場所
試験期日 試験科目 場所
前期:平成25年9月  7日(土)
後期:平成26年2月15日(土)
午前9時30分から12時まで(筆記試験) 外国語(英語) 関西医科大学枚方学舎
1階「試験・実習室」
午後 専攻別授業科目 当日通知
※試験当日9時15分までに試験場所に集合すること。(厳守)
(注意)外国語試験
英文の読解力、 記述能力を問う。
辞書 (医学専門用語辞典可) の使用を許可する。ただし、 電子辞書は不可。
外国人特別学生には、 日本人と同問題、 又は外国人専用の英語問題のどちらかを選択することを  
課し、本大学院の履修に必要な語学能力をみる。
3) 試験日には、 受験票を持参すること。
4) 専攻別授業科目試験の時間・場所は、 試験日に通知する。

このページのトップへ

5.出願手続

5.出願手続

入学志願者は、次の書類を一括して学務課大学院係へ提出すること。郵送の場合は「入学願書在中」と朱書し、書留速達とすること。
  • 願書送付先(照会及び出願書類用紙請求先も同じ)
関西医科大学 大学事務部学務課 大学院係 〈枚方学舎1階〉
〒573-1010 大阪府枚方市新町二丁目5番1号
TEL:072-804-0101(大代表) 内線 2221、2223
  • 出願書類等
入学願書  本学所定の用紙に記入。入学願書の裏面に、高等学校入学から現在に至るまでの経歴を年次に従い、もれなく記入すること。※写真貼付(たて5㎝×よこ4㎝)。
受験写真票・受験票・経理課副票  本学所定の用紙に記入。受験写真票には※写真貼付(たて6㎝×よこ5.5㎝)。
健康診断書  本学所定の用紙に記入。国公私立大学病院、国公私立総合病院または保健所において前期は5月1日以降、後期は10
月1日以降に受診したものであること。
受験票返信封筒(郵送出願者のみ)  定型(たて20.5㎝×よこ9㎝)のものに返送先の住所・氏名を明記し、380円切手(含簡易書留料金)を貼付したもの。
卒業証明書(または卒業見込証明書)  本学卒業者は不要。
医師免許証の写  授業科目名に★又は☆印がある場合に添付すること。
修了証明書及び成績証明書  大学院研究科修士課程修了者の場合は提出のこと。
入学検定料  20,000円
外国人登録済証明書(外国人のみ)  出願前3ヶ月以内に市区町村長が発行した在留資格及び在留期間を明記したもの。
※写真については、3ヶ月以内に撮影のもので上半身正面脱帽像に限る。
裏面に氏名、出身大学を記入すること。
〔注意〕
1)記入に当たっては楷書で明瞭に黒色又は青色インクで記入すること。
書類に不備がある場合は受理できない。
2)受理した入学検定料および出願書類等はいかなる理由があっても返還しない。
3)書類の内容に虚偽があった場合は、入学後でも入学を取り消すことがある。

※ 個人情報の保護について
本学志願時に願書及び履歴用紙に記入いただいた住所、 氏名その他個人情報は、
1. 受験票、 合格通知および入学手続書類発送
2. 個人を特定しない各種統計資料作成を行うために利用し、上記以外の目的に使用することはありません。

様式のダウンロード
※は必須提出書類です。

○ 記入例
入学願書・履歴書 PDF ダウンロード
Excel ダウンロード
受験写真票・受験票・経理課副票 PDF ダウンロード
Excel ダウンロード
○ 提出書類一式
入学願書・履歴書(両面印刷)※ PDF ダウンロード
Excel ダウンロード
健康診断書(両面印刷)※ PDF ダウンロード
Excel ダウンロード
受験写真票・受験票・経理課副票※ PDF ダウンロード
Excel ダウンロード
長期履修制度(臨床系社会人コース)申請書 PDF ダウンロード
Word ダウンロード
入学試験出願資格審査申請書 PDF ダウンロード
Word ダウンロード
履歴書(出願資格審査必要書類) PDF ダウンロード
Word ダウンロード
受験許可・承諾書 PDF ダウンロード
Word ダウンロード
研修医履修(臨床研修医社会人コース)申請書 PDF ダウンロード
Word ダウンロード
受験許可・承諾書(臨床研修医社会人コース) PDF ダウンロード
Word ダウンロード

がんプロフェッショナル履修制度
(腫瘍外科専門医養成コース・                                                      PDF ダウンロード
地域がん医療貢献型臨床腫瘍学コース・
地域がん医療貢献型放射線腫瘍学コース・                                                             Word ダウンロード
地域医療貢献型先進的がん治療学コース)申請書

                                                

このページのトップへ

6.合格者発表

6.合格者発表

前期 平成25年10月9日 (水) 正午に本学大学院掲示板に掲示するとともに、 願書に記入された合格通知場所宛に通知する。 ※合格者には下記入学手続に必要な書類を同封する。
後期 平成26年  3月12日 (水)

このページのトップへ

7.入学手続

7.入学手続

前期試験合格者は平成25年10月9日 (水) から10月23日(水) まで、 後期試験合格者は平成26年3月12日(水) から3月26日 (水) までに下記手続を完了すること。なお、 指定の期日までに入学手続が完了しない時は入学の意思がないものと判断し入学を許可しない。また、 一旦受領した入学金及び授業料は返還しない。
 入 学 金        200,000円
 授業料 (実習費共) 前期分 250,000円 (年額500,000円)
  *外国人特別学生の授業料については、前期分125,000円 (年額250,000円) とする。
  *外国人特別学生、 社会人特別学生及び基礎・社会医学系専攻の者、がんプロフェッショナル特
       別学生は、申請により審査のうえ、全額免除することがある。
  *長期履修制度 (臨床系社会人コース)の授業料については前期分200,000円 (年額400,000円)と  
    する。
 住民票記載事項証明書又は、 これに代る証明書(住民基本台帳、登録原票など) 1通
 誓 約 書

このページのトップへ

8.注意事項

8.注意事項

前期試験で入学定員に達した場合、 後期試験を実施しない場合があるので後期応募者は事前に本学大学院掲示板または学務課に確認すること。

このページのトップへ

9.昼夜開講および休日開講による教育方法の特例の実施

9.昼夜開講および休日開講による教育方法の特例の実施

本大学院は、 従来から 「官公署その他民間会社等に在籍しており、大学院入学後もその身分を有し、 所属長の受験許可を受けた者」を社会人特別学生として受け入れ、 最新の医学知識や技術を学び、高度の医学研究能力を身につける機会が与えられるような制度を有しております(本学大学院学則第34条)。
この社会人特別学生に加えて、 本大学院では平成17年4月1日から、開業医や病院勤務医、 医学および医学関連分野の研究者である社会人にも、大学院の授業・研究指導を受け易くするために、大学院設置基準第14条による教育方法の特例を活用して、昼夜開講制 (昼夜及び休日等の開講) による授業を実施しています。
この特例を適用される者は、 指導教員と相談のうえで、昼間の授業及び研究指導だけでなく、 夜間や休日等特定の時間帯・時期にも授業及び研究指導を受けることができます。

[大学院設置基準第14条 教育方法の特例]
大学院の課程においては、 教育上特別の必要があると認められる場合には、夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる。

このページのトップへ

10.その他の制度

10.その他の制度

ティーチング・アシスタント (TA) 制度

本学大学院の教育研究の充実、 振興と学部教育の充実及び後継者の育成を図るために、大学院に在籍しながら本学における教育の補助を行う者に対して、助成するTA制度があります。

リサーチ・アシスタント (RA) 制度

本学大学院の教育研究の活性化・高度化を図るとともに、大学院学生の奨学に資することを目的としてRA制度があります。

日本学生支援機構奨学金制度

本学大学院在学中、 日本学生支援機構では 「学業・人物とも優れ、かつ健康である学生で経済的理由のため学業困難であると認められる者」に対して、 奨学金を貸与する制度があります。

学生教育研究災害傷害保険 (財団法人 日本国際教育支援協会所轄)

本学大学院在学中、 「授業・研究活動・学校行事参加・課外活動中及び学校施設内における休憩中に発生した不慮の事故、また通学途上における交通事故等により、 身体に被った傷害」に対して補償する保険制度があります。 保険料3,900円(4年間) を納付することで本保険に加入することができます。

このページのトップへ

11.連絡先

11.連絡先

〒573-1010 大阪府枚方市新町二丁目5番1号 関西医科大学 大学事務部 学務課 
TEL 072(804)0101(大代表)内線 2221、2223 または072(804)2298(ダイヤルイン)です。
この情報提供に関する担当部局は 関西医科大学 大学事務部学務課です。

このページのトップへ