関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
医学教育センター

業務内容

業務内容

業務内容

 当センターでは、本学の教育水準の向上と卒前卒後の医学教育の充実を図ることを目的とし、この目的を達成するために、医学教育の実務とこれに伴う企画立案を行います。教務委員会が実務を主導するカリキュラムに添って、卒前教育における学生の支援を主たる業務とします。また、特定の講座・科目に限定されない又は共通の、下記に掲載された実務を担当します。

(1) 総合人間医学教育に関すること

(2) クリニカルクラークシップ及び学外臨床実習に関すること

(3) PBLチュートリアルに関すること

(4) 共用試験(CBT・OSCE)及びPostCC-OSCEの実施に関すること

(5) 医学生教育の基盤に関すること

(6) 卒後臨床教育に関すること

(7) その他特定の講座・科目に限定されない又は共通の事項で学長及び教務部長が必要と認めた事項


次に、教務委員会と協力して下記の業務を担当する。

(1) 医学教育カリキュラムの策定に関すること

(2) FDの企画及び実施に関すること

(3) 学生の評価に関すること

(4) 教育内容の評価に関すること

(5) 医学教育に関わる情報収集及び調査・研究・分析に関すること

(6) 各講座及び科目間の教育面に対する調整に関すること

(7) その他医学教育に関して学長及び教務部長が必要と認めた事項

このページのトップへ

資料保管のお知らせ

関西医科大学が医学振興財団と共に主催した医学教育関係のシンポジウム

1.日米医学教育シンポジウム — 21世紀に向けての医学教育 —
昭和61年6月30日(月)、大阪ロイヤルホテル

2.第2回近畿地区医学教育シンポジウム
平成7年10月12日(木)~13日(金)、大阪ガーデンパレス

3.第24回国内医科大学視察と討論の会
平成16年9月16日(木)~17日(金)、関西医科大学

関西医科大学 「 医学教育ワークショップ 」

第1回 昭58  関西医科大学における医学教育

第2回 昭59  関西医科大学における医学教育

第3回 昭60  関西医科大学における医学教育

第4回 昭61  関西医科大学における医学教育

第5回 昭62  関西医科大学における医学教育

第6回 昭63  関西医科大学における医学教育

第7回 平元  関西医科大学における医学教育:臨床医学入門、統合講義

第8回 平2  入学者選抜と面接

第9回 平3   一般教育のあり方

第10回 平4  本学における6年一貫教育

第11回 平5  本学における卒前医学教育とカリキュラムプランニング

第12回 平6  本学における臨床実習について-クリニカルクラークシップ導入をめざして-

第13回 平7   本学医学教育の活性化について-卒前医学教育に充実-

第14回 平8   本学の自学自習について

第15回 平9   本学の実習について-クリニカルクラークシップと分属実習-

第16回 平10  カリキュラムの連携と統合

第17回 平11  教育トレーニングシステムの作成

第18回 平12  本学のOSCE導入に向けて

第19回 平13  卒後研修の必修化を前提とする卒前臨床教育のあり方

第20回 平14  本学でのチュートリアル教育

第21回 平15  チュートリアルのシナリオ執筆

第22回 平16  本学での学生による医行為とAdvanced OSCE

第23回 平17  チュートリアル教育のさらなる充実をめざして

第24回 平18  本学チュートリアルの問題点と今後のあり方

第25回 平19  卒後教育のあり方と国家試験対策について

第26回 平20  本学のチュートリアル教育の歩み-今後の方向性を探る-

第27回 平21  本学における参加型臨床実習-Advanced OSCEと態度人間性教育-

第28回 平22  医学生としての態度人間性教育-医療人としてのProfessionalism-

第29回 平23  新学舎移転時の6年間一貫教育

第30回 平24  2013 関西医大が変わる

第31回 平25  チュータ教育と完全型チュートリアル

第32回 平26  人間性豊かな良医を育成するために-より良いカリキュラムを目指して-

第33回 平27  主体性を引き出すための授業-(アクティブラーニング)とICTの活用について-

第34回 平28  全員卒業、全員国家試験合格に向けて -成績不振学生を蘇らせるには-

第35回 平29  関西医大における学生の学びを再考する
-関西医大におけるプロフェッショナリズム教育とは?-
-学生のモチベーションを高める教育とは?-



このページのトップへ