関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
新着・イベント情報

第1回関西公立私立医科大学・医学部連合シンポジウム開催

私立医科大学を代表して挨拶を述べる友田学長

 2月6日(月)午後1時30分から、大阪大学中之島センター佐治敬三メモリアルホール(大阪市北区)において「第1回関西公立私立医科大学・医学部連合シンポジウム」が開催されました。これは、2016年9月に発足した関西公立私立医科大学・医学部連合とWHO健康開発総合研究センターとの共同研究ワーキンググループの一環で開催されたもの。

 招待講演としてWHO健康開発総合研究センターアレックス・ロス所長が、基調講演として国立研究開発法人日本医療研究開発機構末松誠理事長が、それぞれ講演しました。続いて参加8大学の学長・医学部長が登壇し、自学の最先端研究を紹介。友田幸一学長も本学が進めるウェアラブル端末を用いたヘルスケアビジネスの創生と、幹細胞を活用した乳房再建術の研究について、概要と現状を報告しました。

 その後、出席した企業と参加8大学の教授が個別に意見交換を行い、最先端研究のビジネス応用に向けて活発にやり取りしました。

====2017.6/13追記====

 当日のイベントの様子や、各学長・医学部長がプレゼンした資料、その他パネルディスカッションの発言詳細が下記サイトにて公開されました。

「第1回関西公立私立医科大学・医学部連合シンポジウム」開催報告
※外部サイトへリンクします