関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
新着・イベント情報

国外臨床実習成果報告会

参加者からの質問に答える国外臨床実習実習生

 7月18日(火)午後5時50分から、枚方学舎加多乃講堂において「国外臨床実習成果報告会」が開催されました。

 本学の国外臨床実習は、希望者の中から選考された6学年学生が協定先国外施設において、実習を行うもの。今年は学生の中から選抜された12名が、グラスゴー大学(イギリス)、テュービンゲン大学、レバークーゼン総合病院(以上ドイツ)、カリフォルニア大学サンフランシスコ校、バーモント大学(以上アメリカ)、マレーシア国立循環器病センター(マレーシア)、トロント小児病院(カナダ)の7施設で実習を行いました。

 国際交流センター鈴鹿有子センター長の司会の下、野村昌作副学長・教務部長が挨拶。続いて国外臨床実習を行った学生が、それぞれ訪れた街の様子、臨床実習スケジュール、日本との医療制度の違い、休日の過ごし方などについて、英語で報告しました。

  発表後の質疑応答では来年国外臨床実習を目指す学生から、実習中に受けた質問や最近の治安情勢に関しても質問があり、活発な議論が行われました。最後に国際交流センター岩井大副センター長が挨拶し、閉会しました。