関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
新着・イベント情報

「国民との科学・技術対話」のパネル展示を通して研究活動を紹介

 補助金(公的研究費)の年間平均配分額が3千万円以上の研究者が研究活動を説明する「国民との科学・技術対話」のパネル展示が8月3日(土)午後1時25分から枚方学舎1階オープンラウンジで開かれました。
 病理学第一講座の上野博夫教授の「組織幹細胞の次世代イメージングを通した治療標的 膜蛋白質の同定と新しいがん治療法の開発」 、分子遺伝学部門の木梨達雄教授の「免疫系細胞の移動と働きを調節する仕組みの研究」、薬理学講座の中邨智之教授の「生体組織の伸縮性を生み出す仕組みの研究」、生理学第二講座の中村加枝教授の「様々な種類の価値はどのように計算されるのか?」に関するパネルがそれぞれ展示され、各教員(分子遺伝学部門は片貝智哉講師と植田祥啓講師)が参加者からの質問に対応しました。また、オールインワン顕微鏡及びパソコンを通して身体の中の細胞を見るなどの体験実習も行われるとともに、本学の学術研究関連施設を紹介するパネル展示や、附属枚方病院に導入された手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」の紹介映像も放映されました。
 この日は本学オープンキャンパスの開催日で、多くの高校生や保護者らが会場に足を運び、各教員の説明に聞き入っていました。


「国民との科学・技術対話」のパネル展示会場の様子