MENU

学部・大学院

教育の理念

  関西医科大学大学院看護学研究科は、建学の精神である「慈仁心鏡」に基づき、深い教養と高い倫理観および人間愛を基盤とした精深な学識を授け、人の尊厳を尊重し、生命・健康・生活を統合した高度な看護実践力、研究力および教育力を養い、看護学の進展・革新と共に社会の発展と平和に寄与する人材を育成することを教育理念とする。

博士前期課程

 看護学に必要な広い視野に立った学識を授け、人の生活に根差した看護実践に必要な高度な専門性を有する実践能力、または、実践者への教育を通して人々の健康に寄与するための教育研究能力を養う。看護実践を変革し、研究者としての基礎的能力を養うことで、国内外において活躍しうる人材を育成する。

博士後期課程

 自立した高度な研究力と教育力、新たなことへの挑戦力、および変革力を有し、長期的およびグローバルな視野で看護学の発展に寄与できる、創造性豊かな教育力と研究力を有する人材を育成する。

ページの先頭へ