MENU

学部・大学院

形態形成と老化

オーガナイザー

中邨 智之 教授(薬理学)

サブオーガナイザー

平野 伸二 教授(生物学)
塚口 裕康 講師(内科学第二)

想定される研究領域

発生・成長・老化・再生

このコースの進め方・ 抱負等

体の組織がどのように形成されるのか、老化によって何が変わるのか、それらにまつわる疾患と新規治療法、組織を再生する方法、などをテーマとしています。
コースミーティングでは学内外の研究者による講義・講演に加えて研究技術相談会を行います。
リトリート(合宿)では研究中間発表会とプレ研究中間発表会を行う予定です(人数によっては一部コースミーティングでも行います)。
専門外の話の中にこそ自分の研究のブレークスルーが潜んでいます。視野を広げる意識を持って、頭を柔らかくして参加して下さい。

コースミーティング

実施回数は年間 6 回以上とし、1,2 学年の 2 年間で 5 回以上、3 学年は 1 年間で 3 回以上の出席を必須とする。
なお、今年度、「細胞の増殖と分化」・「体の高次機能」・「形態形成と老化」の3コースでは、分子生物学の基礎的な内容を網羅した講義シリーズ(計5回)を合同で開催予定。
内容:『バイオテクノロジー』・『ステムセル』・『シグナル伝達①』・『シグナル伝達②』・『酸化ストレス』

ページの先頭へ