MENU

学部・大学院

外科学

 関西医科大学外科学講座は、初代教授 青柳安誠(あおやぎやすまさ)によって昭和7年に開講され、慈仁心鏡(じじしんきょう)の理念の下良医を輩出し、現在同門会員は300名を数えます。大学3病院(附属病院、総合医療センター、香里病院)では、消化管外科、肝胆膵外科、小児外科、乳腺外科の4つの診療科を有し、診療、研究、そして教育に取り組んでいます。

 消化管外科、肝胆膵外科、乳腺外科では癌に対する臨床研究が中心ですが、根治性の高い外科治療を目指して、集学的治療の開発に取り組んでいます。臨床研究は自施設だけでなく、多施設とも共同で行い、われわれが代表を担う多施設共同研究や先進医療として承認された研究もあります。また、腫瘍免疫、遺伝子検査、ウイルス療法などの次世代型医療の開発を目的とした基礎研究にも積極的に取り組んでいます。

 また、全ての診療科において、臓器機能の温存や高い整容性を目指した外科治療の開発を行っています。消化管外科、肝胆膵外科、小児外科では低侵襲内視鏡手術の研究に取り組み、乳腺外科では乳房の温存や再建に力を注いでいます。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 外科学講座
電話 教授室 072-804-2759
研究室 072-804-2576(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2063

関連

医学部 外科学講座
大学院 医科学専攻 外科学

ページの先頭へ