ここから看護学教育が変わる。

慈しみ めぐみ 愛の心を看護に――
関西医科大学
看護学部・看護学研究科が
看護学教育を変える。

関西医科大学看護学部では、関西医科大学の教育・医療機関を生かした充実の環境で、地域に学び、実践力を鍛える教育を展開します。

―「人」、「生活」に着目した看護学を学ぶ実践的なカリキュラム。

―地域の人々との交流を通して高い人間力を育成。

―シミュレーション教育の中で高度な看護技術を習得。

■教育理念(看護学部)

本学看護学部は、建学の精神である「慈仁心鏡」に基づき、幅広い教養と高い倫理観・人間愛を基盤に人々の生命・健康・生活を統合した専門的知識・技術を備えた看護力で社会に貢献できる柔軟な創造力・行動力をもつ人材を育成することを教育理念としており、学生の「自由・自律・自学」を基盤とした学びを保障します。

■看護学部の概要

開設場所
関西医科大学
(大阪府枚方市新町2-5-1)
修業年限
4年
入学定員
100名 / 男女共学(収容定員:400名)
取得学位
学士(看護学)
取得資格
看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格
助産師国家試験受験資格 (選択制)

※3年次2学期までの成績・学習意欲等を総合的に勘案し、10名が選択できます。

■養成する人材像

看護学部では、次の資質を兼ね備えた人材を養成します。

  • ◎ 看護学を学びつつ自ら真理を追究し続ける
  • ◎ 人々の生命・健康・生活を多角的に捉えて看護が実践できる
  • ◎ 看護専門職としての自信と誇り・役割を意識して行動する
  • ◎ 医療にかかわる様々な職種と協働できる
  • ◎ 高い倫理観を備え生涯にわたり成長する
  • ◎ 看護の力を信じ未知なる可能性へと行動を起こす
  • ◎ グローバルな視野をもつ将来のリーダーを目指す
このページの先頭へ