看護学研究科

研究科長メッセージ

高度な看護実践力
および教育・研究力を身につけ
国内外の人々の健康に寄与できる
看護職者を育成。

関西医科大学 看護学部長・研究科長予定者 片田 範子

関西医科大学大学院看護学研究科長
 片田 範子


少子高齢社会では看護に求められるニーズは、これまでの看護の知識だけでは対応できない水準にまで多様化・複雑化しています。
身体機能低下を抱えた高齢者の生活をどのように支えるのか、労働者の高齢化に伴う健康維持やゲノム医療に至るまでさまざまな課題が山積している中、より住みやすい社会になるよう政策提言を看護の視点から行うことは、今後の健康社会実現に不可欠であり、これらの課題を理解し解決を目指せる人材の育成が急務となっています。
関西医科大学では、こうした社会の要請に応えるため、2018年4月、看護学研究科を設置し、既に大学院での学びがはじまっています。博士前期課程では、基盤看護、広域看護、生涯発達看護、治療看護の4分野を設け、4分野の各領域でそれぞれの専門性を高めた教育を実践します。
また、博士後期課程では領域を超えた4分野において看護実践を創造する研究者・教育者の育成を目指します。

看護学研究科の概要

開設時期 2018年(平成30年)4月
開設場所 関西医科大学(大阪府枚方市新町2-5-1)
博士前期課程
標準修業年限 2年
入学定員 20名
取得学位 修士(看護学 Master of Science in Nursing)
博士後期課程
標準修業年限 3年
入学定員 5名
取得学位 博士(看護学 Doctor of Philosophy in Nursing)

博士前期課程

アドミッションポリシー
  1. ①高い倫理観を基盤に、自らの看護の力について語れる人。
  2. ②看護実践で生じる様々な現象や課題を見極め、看護の質向上に寄与したい人。
  3. ③看護あるいは保健・医療・福祉・教育における新たな問題を自主的に解決したい人。
  4. ④実践に根差した研究課題に取り組むために必要な研究方法を学びたい人。
ディプロマポリシー

[共通]

  1. ①保健・医療・福祉・教育に関する情報を多面的に収集し、科学的・論理的に考察し、多職種と協働できる。
  2. ②看護実践および教育と関連した研究課題について探求できる。
  3. ③人々の生活の質(Quality of life:QOL)のため、看護実践の変革に寄与できる。

[高度実践看護師コース]

  1. ①医療の専門家であるという自覚と高い倫理観に基づいた高度看護実践を提供できる。
  2. ②地域で暮らす人々の歴史や環境を理解し、生活に根差した健康の維持・推進のため系統的な高度看護実践を提供できる。
  3. ③高度先進医療を受ける人々、さらに受けた人々の多様な状況・社会背景を理解し、中・長期的な視野での高度看護実践を提供できる。

[臨床看護教育者コース]

  1. ①看護職の看護実践能力育成のため、エビデンスに基づく体系的な教育プログラムを開発できる。
  2. ②看護職の能力開発のため、個別または集団への教育や支援ができる。

[研究者コース]

実践に根差した研究課題に必要な研究方法を用い、研究に取り組むことができる。

カリキュラムポリシー

[共通]

  1. ①実践を支えるための基本的な理論を学ぶ授業を配置する。
  2. ②環境と健康との関連を、地域・国内・国際的視野で捉え、看護がなすべき方向や課題を考え、変革する力を養うための科目を博士後期課程と合同で配置する。
  3. ③看護実践、教育との研究を有機的に連動させ、科学的根拠に基づいた看護実践へと変革するための研究法の授業を配置する。
  4. ④看護の専門的知識を実践に根差して捉えるため、専門領域には講義・演習・実習を配置する。

[高度実践看護師コース]

  1. ①人々の多様な状況・背景を理解し、高度看護実践力を獲得するために、実習環境を整える。
  2. ②学生が自ら実践力を客観的に判断し高度看護実践へと導くため、シミュレーション教育を積極的に導入する。

[臨床看護教育者コース]

看護基礎教育、新人教育、継続教育等の看護教育を受ける者の発達段階やレディネスに応じた教育が展開できるよう、環境を整える。

[研究者コース]

一連の研究プロセスを重点的に学び、研究を遂行するために、研究課題を焦点化する目的で演習(フィールドワーク等)を配置する。

博士前期課程では、以下の3つのコースを設置しています。

[博士前期課程]共通科目

[博士前期課程]指導教員の研究概要
分野 主領域 指導教員 研究課題
基盤看護分野 基礎看護学
(理論)
片田 範子 実践科学として取り組むべき現象を臨床体験や文献などの体系的探索を通して特定し、看護現象の構造を明らかにする。倫理的側面に焦点をあてた看護介入や現象も含め、看護方法論の開発や中範囲理論の構築などを目的とした研究的探求を支援する。
看護生体学
(技術)
藤本 悦子 基盤看護分野での看護技術の検証と開発、睡眠に関する研究、リンパ浮腫ケアに関する研究、組織再生に関する研究の指導を行う。
国際看護学 近藤 麻理 国際看護学領域でのグローバルな健康課題を文献や資料から検討し、現地におけるフィールド調査を中心とした研究計画書を作成する。国際的な研究において配慮すべき点などを十分に理解したうえで、調査を行い修士論文にまとめる。
看護学教育 安酸 史子 経験型実習教育のアクション・リサーチ、教師教育の方法論に関する研究、ケアリング・サイクルの形成に関する研究の指導を行う。
広域看護分野 精神看護学 三木 明子 精神疾患、精神障害、精神健康の問題を抱えた対象者に対する精神症状の評価と看護介入、看護師のストレスマネジメントとメンタルヘルス支援、暴力・ハラスメント被害者への支援に関する研究指導を行う。
在宅看護学 李 錦純 在宅ケアにおける多機関・多職種連携と看護のあり方、在宅移行支援における退院調整看護師の役割、多文化共生社会における在宅ケア、中山間地域における訪問看護と地域包括ケアに関する研究指導を行う。
地域看護学 上野昌江 保健師の支援技術の明確化(保健師対象)、困難事例へのケアモデルの構築(親への支援)、個人・家族、集団、地域を対象とした地域看護実践における支援技術の研究に関する指導を行う。
生涯発達看護分野 こども看護学 加藤 令子 こども自身の主体的な医療参加に関する研究、障がいのあるこどもや医療を必要とするこども自身の自然災害への備えに関する研究、こども看護における高度看護実践看護師の役割・機能に関する研究について指導を行う。
母性看護学 酒井 ひろ子 女性の健康課題に対する支援、周産期にある女性とその家族を対象に、健康の保持増進、親そして家族発達を促進する支援、開発途上国の地域住民を対象とした保健医療活動や支援についての研究指導を行う。
老年看護学 水野 敏子 高齢者の終末期看護として、特に在宅における終末期看護、独り暮らし高齢者の終末期看護、認知症高齢者の看護としては認知症と身体合併症を併せ持つ高齢者の急性期看護、急性期医療における高齢者看護、および、高齢者を介護する家族の介護と負担、高齢者の転居と生活の質の変化、高齢者の健康増進についての研究に関する指導を行う。
治療看護分野 慢性疾患看護学 瀬戸 奈津子 糖尿病看護における実践能力育成プログラムの評価、慢性心不全患者の外来看護支援ツールの開発、クローン病患者の症状と運動の関係等、慢性疾患看護を中心としたテーマの研究に関する指導を行う。
クリティカルケア
看護学
林 優子 クリティカルケア領域におけるシミュレーション教育、倫理的判断や臨床判断など看護師の実践力に関する研究、急性・重症患者および家族の治療選択の意思決定や看護実践、危機やストレス・コーピングに関する研究、特殊治療(救命救急看護、周手術期看護、臓器移植看護)をテーマにした研究に関する指導を行う。

博士後期課程

アドミッションポリシー
  1. ①人の尊厳を尊重し、高い倫理観のもとで社会に貢献する意思と使命感を有する人。
  2. ②専門分野に精通した知識と柔軟な発想を有する人。
  3. ③看護実践力を基盤とし看護を取り巻く環境で生じる現象を見極め、教育と研究を推進できる人。
  4. ④生活する人の視点とグローバルな視野を併せ持ち、看護の革新を目指す人。
  5. ⑤看護学の発展につながる研究力・教育力および革新する力を高めることへの強い意志を有する人。
ディプロマポリシー
  1. ①看護実践に不可欠な科学的・学際的な知識を基に看護実践を創造するための自立した研究活動、および次世代の看護を見据えた教育力を持つことができる。
  2. ②国内外の専門家と協働して、人々の健康と生活に関わる社会システムの構築および変革を行うことができる。
  3. ③看護が社会に果たすべき役割を自覚し、専門職としての高い倫理観と責任感を基に看護実践を革新するための開発を行うことができる。
  4. ④人々の生活の質(Quality of life:QOL)、社会の発展および平和に貢献することができる。
カリキュラムポリシー
  1. ①看護学の学術的発展を教育・研究を通して担う力を修得するための基盤となる看護理論や研究法を学ぶ授業を配置する。
  2. ②環境と健康との関連を、地域、国内、国際的視野で捉え、看護がなすべき方向や課題を洞察、革新する力を養うための科目を配置する。
  3. ③専門分野の学識を深めるため、専門分野には特論と演習を配置する。
  4. ④看護を取り巻く環境で生じる現象を多角的な観点から捉え自立した研究能力を培うため、多様な研究法の講義・演習を配置する。

博士後期課程では、看護実践に根差した高い教育能力と研究能力を有する人材を育成するために、専門分野として基盤看護、広域看護、生涯発達看護、治療看護の4分野を設け、教育の一貫性を保持しながら学びを深めます。

[博士後期課程]共通科目

[博士後期課程]指導教員の研究概要
分野 指導教員 研究課題
基盤看護分野 片田 範子 実践科学として取り組むべき現象を臨床体験や文献などの体系的探索を通して特定し、看護現象の構造を明らかにする。倫理的側面に焦点をあてた看護介入や現象も含め、看護方法論の開発や中範囲理論の構築などを目的とした研究的探求を支援する。
藤本 悦子
杉本 哲夫
基盤看護分野での看護技術の検証と開発、睡眠に関する研究、リンパ浮腫ケアに関する研究、組織再生に関する研究の指導を行う。
近藤 麻理 グローバルな健康課題の中から課題を選択し、海外フィールドにおいて調査を行う研究に関する指導を行う。
安酸 史子 経験型実習教育のアクション・リサーチ、教師教育の方法論に関する研究、ケアリング・サイクルの形成に関する研究の指導を行う。
広域看護分野 上野昌江 周産期からの子ども虐待予防における保健師の支援技術の明確化(保健師対象)、子ども虐待予防における困難事例へのケアモデルの構築(親への支援)、個人・家族、集団、地域を対象とした地域看護実践における支援技術の研究に関する指導を行う。
生涯発達看護分野 加藤 令子 こども自身が持つ力を高め、主体的に医療に参加するためのケアプログラム開発、医療を必要とするこども・障がいのあるこども自身が自然災害に備えるためのプログラム開発、こども看護における看護職の役割拡大の研究に関する指導を行う。
片田 範子 病院・外来・施設・学校・在宅等での子どもの支援体制や看護方法について現象から課題探究する研究についての指導を行う。
酒井 ひろ子 生涯を通じた女性のリプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する健康課題、周産期周辺にある女性とその家族の健康課題、女性の健康課題、女性のエンパワーメントに着目した開発途上国支援の研究に関する指導を行う。
水野 敏子 高齢者の終末期看護として、特に在宅における終末期看護、独り暮らし高齢者の終末期看護、認知症高齢者の看護としては認知症と身体合併症を併せ持つ高齢者の急性期看護、急性期医療における高齢者看護、および、高齢者を介護する家族の介護と負担、高齢者の転居と生活の質の変化、高齢者の健康増進についての研究に関する指導を行う。
治療看護分野 瀬戸 奈津子 糖尿病看護における実践能力育成プログラムの評価、慢性心不全患者の外来看護支援ツールの開発、クローン病患者の症状と運動の関係等、慢性疾患看護を中心としたテーマの研究に関する指導を行う。
林 優子 クリティカルケア領域におけるシミュレーション教育、倫理的判断や臨床判断など看護師の実践力に関する研究、急性・重症患者および家族の治療選択の意思決定や看護実践、危機やストレス・コーピングに関する研究、特殊治療(救命救急看護、周手術期看護、臓器移植看護)をテーマにした研究に関する指導を行う。

附属病院に隣接した枚方キャンパスに、先進の設備・ICT環境を備えた新学舎を建設(2018年2月竣工)。

本学は枚方キャンパスに医学部及び附属病院を有しており、そこに新たに隣接した6階建ての看護学部/看護学研究科学舎を建設中です。シミュレーションルーム、看護学研究科専用の大学院博士研究室、大学院修士研究室、大学院講義室(3室)、大学院演習室(3室)を備えており、その他コンピューター室、図書室、遠隔講義室、ロッカー室等を看護学部と共用しています。また、隣接する医学部学舎には、図書館本館、学生食堂、オープンラウンジ、シミュレーションセンターなどがあり、必要に応じて利用することが可能です。

詳しい内容はこちら

学費・奨学金

学費
入学金 授業料等 初年次納付金(合計)

2年間

博士前期課程納入金合計

3年間

博士後期課程納入金合計
200,000円 600,000円 800,000円 1,400,000円 2,000,000円
  • ※ 学費は予定のものです。
  • ※ いずれも諸会費は含みません。また、フィールドワークや実習等に伴う費用や経費が別途必要となる場合があります。

奨学金

関西医科大学出身者入学金減免
貸与型奨学金
関西医科大学奨学金(修士)
大学院社会人学生学費減免(博士)

入試情報 [博士前期課程/博士後期課程]※詳細は決まり次第、本学公式サイト等でお知らせいたします。

2019年度試験日程等は下記のとおりです。

夏期日程出願期間 平成30年7月23日(月)~平成30年8月6日(月)【必着】
夏期日程試験日(博士前期課程・博士後期課程) 平成30年8月21日(火)

冬期日程出願期間 ※確定し次第お知らせします
冬期日程試験日(博士前期課程・博士後期課程) 平成30年12月2日(日)
試験会場 関西医科大学 枚方キャンパス
博士前期課程試験科目 外国語(英語)、看護共通、看護専門、面接
博士後期課程試験科目 外国語(英語)、看護共通、面接
検定料 35,000円

博士前期課程

出願資格
  1. 本学看護学研究科(以下、本研究科という)の博士前期課程に出願することのできる者は、次のいずれかに該当する者とする。
  2.  
  3. ■研究者コースを志望する入学志願者について
  4. (1)学校教育法第83条に定める大学を卒業した者及び平成31年3月に卒業見込みの者
  5. (2)学校教育法第104条第4項の規定による学士の学位を授与された者及び平成31年3月31日までに授与される見込みの者
  6. (3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者
  7. (4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者
  8. (5)我が国において外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育機関であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者
  9. (6)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者
  10. (7)文部科学大臣の指定した者(昭和28年2月7日文部省告示第5号)・・・出願資格審査必要
  11. (8)大学に3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優秀な成績で修得したと本研究科が認めた者・・・出願資格審査必要
  12. (9)本研究科において、個別の出願資格審査により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、平成31年3月31日までに22歳に達する者・・・出願資格審査必要
  13.  
  14. ■高度実践看護師コースを志望する入学志願者について 出願資格の(1)〜(8)のいずれかに該当する者で、入学の時点で看護臨地経験を原則として3年以上有する者
  15.  
  16. ■臨床看護教育者コースを志望する入学志願者について
  17. 出願資格の(1)〜(8)のいずれかに該当する者で、入学時点で保健師、助産師、看護師免許のいずれかに基づく臨地経験(教育歴を含む)を原則として3年以上有する者
  18.  
  19. 注)(7)~(9)の出願資格審査対象者の基準は次の通りとし、出願前に個別の出願資格審査を受けること。
  20.  
  21. 研究論文1編以上(本人が筆頭者で査読がある学会発表(地方会可)を有し、さらに(ア)か(イ)のうち、 いずれかの項目を満たしている者を受験資格ありとする。
  22. (ア)看護教員、看護管理者、認定看護師の研修など、いずれかの研修を6か月以上受講している者
  23. (イ)大学院研究生、リーダー経験、実習指導者経験など、いずれかについて1年以上の経験を有する者
  24.  
その他
  1. 1.出願にあたっては必ず事前に本学担当教員と相談を行うこと
  2. 2.個別の出願資格審査が必要な者は、必要書類を平成30年7月9日(月)~平成30年7月11日(水)[必着]に提出すること。詳細については募集要項を参照してください。
  3. 3.募集コースと領域、研究指導教員については募集要項を参照してください。

博士後期課程

出願資格

本学看護学研究科(以下、本研究科という)の博士後期課程に出願することのできる者は、次のいずれかに該当する者とする。

(1)修士の学位又は専門職学位を有する者及び平成31年3月までに修士の学位を取得見込みの者

(2)外国において修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び平成31年3月31日までに授与される見込みの者

(3)外国の学校が行う通信教育を我が国において履修し、修士の学位や専門職学位に相当する学位を授与された者及び平成31年3月31日までに授与される見込みの者

(4)我が国において外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が指定するものの当該課程を修了し、修士または専門職学位に相当する学位を授与された者及び平成31年3月31日までに授与される見込みの者

(5)文部科学大臣が指定した者(平成元年文部省告示第118号)・・・出願資格審査必要

(6)その他本研究科において、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者・・・出願資格審査必要

 

注)(5)、(6)の出願資格審査対象者の基準は次の通りとし、出願前に個別の出願資格審査を受けること。

(ア)研究論文「学術誌などに掲載された査読のある研究論文」3編以上、うち1編は筆頭著者であることが望ましい

(イ)看護職免許の有無は問わないが、看護学領域の研究テーマ・業績を有するもの

  1.  
その他
  1. 1.出願にあたっては必ず事前に本学担当教員と相談を行うこと
  2. 2.出願資格4に該当する方は個別の出願資格審査があります。必要書類を平成30年7月9日(月)~平成30年7月11日(水)[必着]に提出すること。詳細については募集要項を参照してください
  3. 3.募集分野、研究指導教員については募集要項を参照してください。
このページの先頭へ