関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
情報公開 動物実験

動物実験

動物実験に関する関連情報

平成27年度

・動物実験審査件数   126件

・審査後承認件数      123件

・教育訓練受講者数   125名
(平成27年4月24日開催 ※以降個別講習、テスト受講)
[教育訓練実施内容]
1.関連法令、条例、指針等および規定に関する事項(講師:李)
    動物の愛護及び管理に関する法律
    実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準
    研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針
    動物実験の適正な実施に向けたガイドライン
2.動物実験等および実験動物の取扱いに関する事項(講師:李)
    動物実験および実験動物
    苦痛軽減措置(3Rの遵守)
    SCAWのカテゴリー(苦痛度の検索)
    人道的エンドポイント
    麻酔法および安楽死措置
3.実験動物の飼養保管に関する事項(講師:李)
    実験動物の統御から見た区分
    微生物モニタンリング実施要領
    自己点検および評価、外部による検証
4.安全確保に関する事項(講師:李)
    人獣共通感染症および実験動物固有感染症
    各種事故の紹介(実験動物の逸走、安全事故、感染事故、法律違反等)
5.施設等の利用に関する事項(講師:上野)
    利用者の利用(入退室)
    実験動物の搬入及び搬出
    各種書類
    利用規約(SOP)(飼養保管に関する全般、廃棄物の処理等を含む)
    事故・異常発生時の緊急連絡網
6.動物実験計画書の作成に関する事項(講師:木梨)
    記入要領(研究の意義、動物実験の必要性、3Rの遵守、実験方法、動物数の算出、苦痛軽減等)
    特殊実験の際の注意点(病原体、遺伝子改変動物、化学物質等、放射線等)

・施設情報 実験動物飼育共同施設(1施設)

・飼養状況 (※平成28年3月現在)
動物種 マウス ラット ウサギ サル モルモット
動物数 4,860 77 8 14 3
 
平成27年度関西医科大学動物実験委員会(5名)構成
(1)動物実験等に関して優れた識見を有する者
    教授2名(専門:神経生理学 、免疫学)
(2)実験動物に関して優れた識見を有する者
    教授1名(専門:微生物学)
(3)その他の学識経験を有する者
    教授1名(専門:幹細胞生物学)
    准教授1名(専門:細胞生物学)

このページのトップへ

関連規定

このページのトップへ

動物実験に関する自己点検・評価報告書

このページのトップへ

動物実験に関する外部検証 検証実施証明書および動物実験に関する外部検証結果報告書

このページのトップへ

このページのトップへ