関西医科大学大学院の理念

理念

 関西医科大学大学院医学研究科は、基礎医学・社会医学・臨床医学系を融合した高度に専門的な各専攻系研究分野において、医学に関する基礎生命科学の基礎理論並びに先端医療への応用を学習・研究することにより、医科学研究者として自立し国際的に研究活動を行うに必要な高度の研究能力と、指導的立場たるにふさわしい豊かな学識および人間性を養うことを理念とし、次の目標を掲げる。

目標

  1. 医学研究の推進:世界的研究拠点を形成して生命現象の真理を探究し、世界的水準となる医学研究成果を創出する。
  2. 医学研究者の育成:国際的視野に立って独創的な研究活動を行い、後進を指導する能力、豊かな人間性と広い学識を併せもつ優れた医学研究者を育成する。
  3. 高度専門職医療人の育成:高度かつ専門的な医療知識・技術を修得し、診療に根ざした臨床研究を展開する能力をもつ指導的医療人を育成する。
  4. 社会貢献:基礎医学・社会医学・臨床医学研究の成果を医療実務に応用し、医療水準の向上を以て人類の健康と福祉の増進に寄与する。

大学院教育の特色

  1. 生命医科学を通じて生命現象の真理を深く探究する医科学専攻と、先端医療技術を開発・応用する先端医療学専攻の2専攻系を設置し、基礎医学・社会医学・臨床医学系を融合した高度に専門的な各専攻系研究分野において、先進の医科学の学習と研究を進めることができる。
  2. 1、2年次に医学研究の計画・展開に不可欠な学内施設の利用講習会と各種研究技術の実習コースを受講できる。
  3. 3年次に各研究分野で大学院生研究発表会を開催し、プレゼンテーションの練習を行うとともに専門家の指導を受けることができる。
  4. 企画セミナーや大学院講座で国内外の有名な研究者による最先端の研究の講演を受講することができる。

Philosophy of Kansai Medical University Graduate School of Medicine

Philosophy of the Graduate School of Medicine of Kansai Medical University is to foster up-to-date and high-level scholarship in the medical field through international and translational research, with the aim of preparing students for positions of leadership as physicians and researchers, for which the following goals are established:

  1. To operate the world-level research in medical sciences as the life science base of the world.
  2. To train medical science researchers with ability to operate interdisciplinary studies based on humanity and high-level education.
  3. To train future leaders of clinical medicine with ability to operate creative clinical studies as well as advanced medical knowledge and techniques.
  4. To develop advanced medical technologies based on the research results contributing to promotion of health and welfare of mankind.