関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
大学院

放射線科学

名称

大学院医学研究科 医科学専攻 放射線科学

教室・講座作成のwebサイトへ

研究紹介

画像診断領域では最先端の医療装置であるMDCTや3T-MRIを用いた撮像方法や新しい画像処理技術を利用した画像診断の可能性についての研究を行っています。更に、最近注目されているAiの系統的な診断学としての確立にも力を注いでいます。核医学部門では、RI内用療法を主眼とした研究・開発を進めており、正確なターゲッティング技術の開発とより綿密な使用核種の選択により副作用のほとんどない治療法の開発を目指しています。具体的にはRI標識抗体やRI標識リピオドールを用いた内用療法についての検討を行なっています。血管造影IVR領域では経皮的椎体形成術の長期成績、中心静脈アクセス、透析シャント不全に対するインターベンション、CTガイド下肺生検、産科出血に対する動脈塞栓術等の臨床的有効性の検討を行いつつ、難治性疼痛を有する脊椎圧迫骨折に対する椎体形成術の除痛機序の実験的解明や ナノ、マイクロバブルのキャビテーション効果の医療利用についての基礎研究も行っています。放射線治療領域では強度変調放射線治療(IMRT)、定位放射線治療(SRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)などの高精度放射線治療を積極的に活用し、頭頸部がん、消化器がん、小児がんを中心とした臨床研究を行っています。



教育目標

医学における放射線の役割を理解し、臨床および基礎医学を通じて広く放射線について把握し、研究に必要なデータの収集および分析を行い、自主的に実験計画を立案できる研究者の育成を目指す。

研究テーマ

1.画像診断、核医学、IVRに関する基礎・臨床研究
2.放射線治療に関する基礎・臨床研究

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 放射線科学講座
電話 072-804-2768(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2072

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ