関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
大学院

細胞生物学

名称

大学院医学研究科 医科学専攻 細胞生物学

研究紹介

細胞接着分子カドヘリンによる神経回路形成機構
ヒトの中枢神経系は複雑な神経回路からなり、記憶や学習などの高度な神経活動を営んでいる。細胞接着分子プロトカドヘリン分子群は脊椎動物で急速に進化し、神経系で特異的に発現していることから、シナプス形成など複雑な細胞間相互作用を担っていると考えられている。現在プロトカドヘリン遺伝子のノックアウトマウスを用いて、神経回路形成における役割と精神神経疾患との関わりについて研究を進めている。

発表
Suzuki & Hirano (Eds), The cadherin superfamily, Springer 2016(書籍)
Hirano & Takeichi , Physiol. Rev. 2012
Asahina et al. Neurosci. 2012

図.プロトカドヘリン9は、マウス脳で前庭-動眼運動神経系にそって分布している


教育目標

細胞接着分子を通して広く細胞間相互作用および神経回路形成について把握し、研究に必要なデータの収集および分析を行い、自主的に実験計画を立案できる研究者の育成を目指す。

研究テーマ

1.神経回路形成における細胞先着分子の役割についての研究
2.細胞接着分子と精神神経疾患とのかかわりについての研究

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 生物学教室
電話 072-804-2347(内線2265)
  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ