関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
大学院

幹細胞病理学

名称

大学院医学研究科 医科学専攻 幹細胞病理学


教室・講座作成のwebサイトへ

研究紹介

生体内のほとんどの組織は速度の差こそあれ細胞代謝回転(turnover)しており、その様な組織では古い組織細胞が死んで除去され、新しい組織細胞が幹細胞より供給されていると考えられている。しかしながら、細胞代謝回転の早い一部の臓器を除けばその特異的表面マーカーなどが未知であるために幹細胞の存在自体が正確に証明されておらず、ましてやその単離および再生医療への応用の研究は進んでいないのが現状である。各組織の成体幹細胞の正確な同定と解析は、その組織のがん幹細胞の同定につながり、分子標的療法などを介して新しいがん治療の開発へとつながってゆく。当講座では誘導可能マルチカラーモザイクマウス(レインボーマウス)を用いて各種臓器の幹細胞を解析するなど、新しい幹細胞イメージングシステムを開発し各組織の幹細胞の解析を行っている。主な興味対象としては腸幹細胞を中心として、生殖幹細胞、肝幹細胞、膵内分泌幹細胞、副腎皮質幹細胞などであり、それらの組織の再生医療、がん発症機構、また、阻害型膜蛋白質、阻害型モノクローナル抗体による新しいがん治療法の開発を目指して研究を行っている。

教育目標

疾患の分子病態や正常組織の恒常性の維持のメカニズムを理解し新たに解明していくことで、基礎医学の面だけでなく、新たな分子標的薬の開発といったような、医学の発達に貢献できるような研究者の育成を目指す。

研究テーマ

1.成体組織幹細胞の同定に関する研究
2.がん幹細胞の解析とその除去法を通じた新規治療法開発に関する研究
3.成体組織幹細胞の発生に関する研究

研究業績

■ 連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 実験病理学講座
電話 教授室 072-804-2360
研究室 072-804-2362(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2369

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ