関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
大学院

公衆衛生学・国際保健学

名称

大学院医学研究科 医科学専攻 公衆衛生学・国際保健学

教室・講座作成のwebサイトへ

研究紹介

   当講座が現在取り組んでいる研究テーマは、基礎医学から臨床まで他方面に渡っているが、予防医学に重点をおいた研究が主である。異なった研究分野の教員が様々な領域の研究を並行して行うことにより、広範囲にわたる公衆衛生学の教育分野に対応できるよう日々下記の内容に主に対応できる研究を行っています。具体的な研究分野は、感染症の疫学と予防、熱帯病とくに熱帯感染症の診断と予防、国際保健医療としての開発途上国における健康被害や健康管理について、ラオス人民民主共和国やマラウィ共和国において健康実態調査を行い様々な感染症に対する介入調査に取り組んでいます。
   また、海外渡航者の健康管理、とくに滝井病院海外渡航外来でのワクチン接種や熱帯病の診断・治療を臨床の分野として取り組んでいます。
   分野が多岐にわたりますが、高齢者の生活の質(QOL)を高め、健康の維持増進に関わる身体的機能の究明として身体機能低下を予防する運動療法や理学療法的な面から介護予防と介護の労働の軽減について取り組んでいます。

教育目標

公衆衛生学の広範囲な分野から感染予防医学、熱帯医学、国際保健学、高齢者介護について、人びとの健康被害や健康予防、健康管理を理解し、フィールド調査や実験を通して現状を把握し、研究に必要なデータの収集および分析を行い、自主的に実験計画を立案できる研究者の育成を目指す。

研究テーマ

1.国際感染症・海外渡航者病の実態調査
2.熱帯医学および寄生虫病学に関する調査研究
3.高齢者介護・介護予防についての調査研究

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 公衆衛生学講座
電話 072-804-2400,072-804-2402(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2409

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ