関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
大学院

分子免疫学

名称

大学院医学研究科 医科学専攻 分子免疫学

教室・講座作成のwebサイトへ

研究紹介

当部門では免疫細胞の動態、すなわち移動や接着の調節を研究しています。接着分子インテグリンを介する接着は、炎症やリンパ球ホーミンなど組織と血管を移動する過程や抗原提示細胞との接着を調節する重要なステップです。我々は低分子量G蛋白質Rap1シグナルがインテグリンの接着調節や移動を調節していることを見出し、シグナル伝達経路を明らかにするとともに、その破綻がリンパ球動態異常だけでなく、自己寛容の破綻、胸腺細胞の選択や制御性T細胞の機能障害になることを発見しました。細胞動態を組織イメージングなどを用いてin vivoで明らかにし、免疫の様々な過程で起こる接着をコントロールすることによって免疫病の克服を目指しています。

教育目標

免疫学の基礎的および最新の知識を学び、免疫学の基本的解析手法、分子生物学・細胞生物学的手法、様々なイメージング手法、疾患モデルマウスの開発等を用いて、免疫システムの分子的基盤および免疫疾患を解析し、病因・病態・治療法について理解を深める。

研究テーマ

1.免疫細胞動態異常による自己免疫発症機構の解明
2.免疫細胞動態を制御するシグナル伝達機構の解明
3.ライブイメージングによる免疫動態制御解析手法の開発と応用
4.マウスによるヒト免疫系構築とその解析・疾患への応用

研究業績

〒573-1010
大阪府枚方市新町2-5-1
関西医科大学附属生命医学研究所分子遺伝学部門
電話:072-804-2420(教授室)
072-804-2422(研究室)
FAX:072-804-2429
  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ