関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
大学院

形成外科学

名称

大学院医学研究科 医科学専攻 形成外科学


教室・講座作成のwebサイトへ

研究紹介

形成外科学講座では、臨床で担当する体表や顔面の修復や再建に応用するため、創傷治癒の研究と皮膚、脂肪、軟骨、骨、血管、神経などの再生の研究を行い、臨床に役立てることを目指しています。
近年、創傷治癒の機序が序々に明らかにされ、血小板や線維芽細胞、表皮細胞の働きが重要視されてきています。血小板のα顆粒が多くの増殖因子(サイトカイン)を内包することから、自己全血から血小板を濃縮した多血小板血漿(PRP)を調製し、活性化させることにより優れた創傷治癒効果を導く基礎的検討と臨床的検討を進めています。さらに、高圧酸素環境における創傷治癒促進効果やケロイド・肥厚性瘢痕の基礎的検討を進めています。
幹細胞研究として、ヒトの脂肪組織から体性幹細胞である脂肪組織由来幹細胞(ASCs)を取り出し、骨、軟骨、脂肪への分化を導くことを可能としています。骨形成タンパク(BMP)は、筋肉内など軟部組織内での骨誘導を可能とし、種々の条件での骨誘導、骨形成を検討し、ASCs、BMP共に臨床応用を目指しています。
その他、氷点下電場における組織保存、IL6やPRPによる育毛、頭蓋顎顔面の3次元模型の作製・シミュレーション、唇裂・口蓋裂の発生などについても積極的に研究を進めています。

教育目標

医学の基礎を理解し、形成外科学の探求と応用に繋がる先進的かつ理想的医療への展開を念頭に自ら研究テーマの設定や実験計画を立案でき、自主的に研究に必要なデータを収集、分析を進め、指導者や他の研究者とディスカッションを進めることのできる研究者の育成を目指します。

研究テーマ

1.骨・軟骨再生: 骨形成タンパク(BMP)による骨・軟骨誘導、骨・軟骨形成による再建への応用を目指し、具体的検討を進めている。顔面骨、四肢骨、耳介、鼻軟骨が主たる対象である。さらに、種々の人工骨や担体との併用や加齢、骨粗鬆症との関連などの検討を行っている。

2.皮膚再生:bFGF、多血小板血漿(PRP)、人工真皮、培養表皮を単体、複合で種々の条件下での適用を検討し、保存法や操作法に工夫を加えて臨床応用を目指した検討をしている。
  1. )血小板を回収し(PRP)、人為的に強制的に活性化させることで放出される細胞成長因子を用い、皮膚・軟部組織を中心とした創傷治癒の研究を進めている。細胞活性化、組織修復等広範な応用を想定している。
  2. )種々の組織、特に巨大色素性母斑を高圧負荷による脱細胞(超高圧法)させて皮膚再生を目指す実験研究、ならびに培養表皮を併用する臨床研究を進めている。将来の“皮膚リサイクル治療法”として、細胞添加による同種移植や異種移植における再生組織に寄与することを目指している。
3.軟部組織再生:bFGF、PRP、脂肪組織幹細胞(ASCs)による創傷治癒や再建を目指し肉芽増生、脂肪組織移植、脂肪注入を検討している。なかでもASCsの基礎的、前臨床研究を行い、ASCsの応用による乳房再建や顔面変形の再建の研究、特に乳癌切除後の乳房再建を対象とした臨床研究を順次進めている。

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 形成外科学講座
電話 072-804-2763(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2031
e-mail prs@hirakata.kmu.ac.jp

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ