関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
大学院

消化器内科学

名称

大学院医学研究科 医科学専攻 消化器内科学



教室・講座作成のwebサイトへ

研究紹介

頻度の高い消化器疾患だけでなく、難病の研究に積極的に取り組み、厚生労働省難治性疾患克服事業研究班(難治性膵疾患調査研究班・難治性腸疾患調査研究班・難治性肝胆道疾患調査研究班・難治性腸疾患の画期的治療開発研究班・小腸潰瘍、IgG4関連疾患)に参加し、新しい診断や治療法の開発にかかわっています。上部消化管:ピロリ菌感染による胃炎発症メカニズム、宿主免疫反応の解析、腸管幹細胞の視点から腸管粘膜傷害時の粘膜上皮再生、抗酸化物質を用いた腸管粘膜傷害の治療効果、胃癌や胃食道逆流症に対する臨床研究。小腸:クローン病や原因不明の小腸潰瘍、NSAIDs小腸病変などの病態解析。下部消化管:炎症性腸疾患の病態解明と新規治療法の解明、ドラッグデリバリーシステム(DDS)など新しい治療法の開発、腸炎発症における腸内細菌と自然免疫の関与、大腸発癌機能についてMicrosatellite instability からの研究。肝:肝線維化、肝発癌あるいは自己免疫性肝疾患の機序解明、肝癌局所治療の開発。胆:胆道・膵臓疾患内視鏡的診断法、胆管閉塞の内視鏡ステント留置法、術後再建腸管症例の胆道疾患に対するダブルバルーン内視鏡を用いたERCP。膵:自己免疫性膵炎の診断基準やガイドラインの作成、発症機序・IgG4産生のメカニズムについての基礎的・臨床的研究。

教育目標

大学における後期研修、教育病院にて広く一般消化器内科を研修する中で興味を持った領域に関する研究テーマを設定し、各人のテーマに必要な実験計画を立案し研究を通じて得られたデータの解析し論文としてまとめることで、医学研究の方法を習得し臨床医としての素養を身につけ研究者としても独り立ちできることを目標とする。

研究テーマ

  1. 自己免疫性膵炎の病態解明と臨床研究
  2. 膵炎の病態解明と新規治療法の開発
  3. 膵癌における新規診断法の開発
  4. 炎症性腸疾患における病態生理の解明
  5. 炎症性腸疾患にいけるドラッグデリバリーシステムを用いた新規治療法の開発
  6.  消化器疾患におけるTGFβの病因的役割の解明
  7. 肝臓癌における新規治療法の開発

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 内科学第三講座
電話 072-804-2757,072-804-2522
FAX 072-804-2061

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ