関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

医療体制

脳卒中センター

脳卒中センター

脳卒中センターはH22年4月に開設しました。脳神経外科医(7人)、神経内科医(2人)、救命救急医(1人)、看護師、理学療法士、栄養士が協力して、脳卒中の急性期患者さんの診療にあたっています。クモ膜下出血、脳出血の治療には主として脳神経外科医が、脳梗塞の治療には主として神経内科医があたっています。クモ膜下出血の原因である破裂脳動脈瘤の治療には開頭してクリップをかける方法とカテーテルを使って動脈瘤の中にコイルを詰める方法(血管内治療)とがありますが、当センターの特徴は、個々の症例について、クリップのエキスパートとコイルのエキスパートがその症例に最適な方を選択して治療しています。脳出血の治療には開頭による血腫除去、穿頭による定位的血腫除去術、軽症例および最重症例に対しては手術しないで保存的に治療する方法などをおこなっています。今後、内視鏡による脳にやさしい血腫除去術も開始する予定にしています。脳梗塞に対しては、発症から2時間以内に来院された方には原則t-PAを用いた血栓溶解療法をおこなっています。また、t-PAを用いても血栓が溶解しないような患者さんには、緊急でカテーテルを用いて血栓を除去する治療もおこなっています。発症から3時間を過ぎて来院された患者さんや、軽症の脳梗塞の患者さんには、内服および点滴による抗血小板療法や抗凝固療法をおこなっています。また、いずれの患者さんも術後あるいは発症後早期からリハビリテーションを開始していますし、栄養管理も並行しておこなっています。
 

医療体制 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分