関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

血液腫瘍内科

血液腫瘍内科

血液腫瘍内科 診療部長 教授 野村 昌作
関西医大枚方病院の血液・腫瘍内科は、ほとんどすべての血液疾患を受け入れているとともに、造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)にも力を入れています。また当院は日本血液学会の認定施設にも指定されており、血液認定医・専門医の取得が可能な施設です。
白血病や悪性リンパ腫の治療に関しては、JALSGやJCOGなどのガイドラインに準じた標準的治療を行っており、EBM (evidenced based medicine) を遵守しています。さらに外来では、外来化学療法センターでの抗がん剤治療を行い、地域がん拠点病院にふさわしい体制を整えています。血栓・止血領域、特 に血小板に関しては厚生労働省の難治性凝固異常症の調査研究班と強力な連携体制をとっており、重要な研究も実施しています。様々な血液疾患の診療に対応で きると考えていますので、お気軽に受診・ご相談ください。

科の特徴

造血器腫瘍の治療は、正確な診断と同時に、予後を左右する危険因子の評価が必要である。これらの評価に基づいて、エビデンスに基づいた化学療法および造血幹細胞移植療法を行っている。治療方針は血液疾患診療に習熟した全スタッフ合議で決定される。急性白血病では、JALSG(日本成人白血病研究グループ)などの国内外での大規模臨床研究において有用性の確立したプロトコールを選択している。造血幹細胞移植に必要な無菌ベッドは14床が設置され、適応例には同胞または骨髄バンクおよび臍帯血バンク提供の造血幹細胞移植を積極的に行っている。なお、当科は日本臍帯血バンク、日本骨髄バンクの登録認定施設である。悪性リンパ腫の診療では、最も頻度の高い中悪性度群Bリンパ腫に対し、モノクロナール抗体(リツキサン)を併用したR-CHOP療法を行い、ハイリスク症例または再発症例には自己造血幹細胞移植を併用した高用量化学療法を行っている。また、積極的に大阪リンパ腫研究会(OLSG)に参加し多施設共同臨床試験を行っている。特に未治療濾胞性リンパ腫では、副作用の少ないリツキサン単独維持療法の有効性を当院の倫理委員会の承認を得て試験中である。急性白血病やハイリスク症例以外の造血器腫瘍は、外来化学療法に重点を置いて治療している。

科の実績

疾患別入院患者数

新規入院患者数:278名
急性骨髄性白血病:21名、急性リンパ性白血病:7名、骨髄異形成症候群:13名
非ホジキンリンパ腫:89名、多発性骨髄腫:17名
再生不良性貧血:5名、免疫性血小板減少性紫斑病:12名、その他

造血幹細胞移植

1) 自家造血幹細胞移植:計: 18例
2) 同種造血幹細胞移植:計: 15例
 a. 血縁者間造血幹細胞移植: 2例
 b. 非血縁者間造血幹細胞移植 :8例
 c. 臍帯血移植:5例

スタッフ

野村 昌作 教授

専門分野 認定資格
出血性疾患(特発性血小板減少性紫斑病)
血栓性疾患と動脈硬化症
造血器腫瘍・難治性貧血の診断と治療
造血幹細胞移植療法 
日本内科学会認定医
日本血液学会認定医・指導医
日本輸血学会認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医  

伊藤 量基 病院教授

専門分野 認定資格
造血器腫瘍、造血不全
その他の血液疾患
造血幹細胞移植療法
免疫疾患 
日本内科学会認定医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医
日本造血細胞移植学会認定医 

佐竹 敦志 講師

専門分野 認定資格
造血器腫瘍、造血不全
その他の血液疾患
造血幹細胞移植療法
日本内科学会認定医・指導医
日本血液学会認定専門医
日本医師会認定産業医

藤田 真也 助教

専門分野 認定資格
造血器腫瘍、造血不全
その他の血液疾患
造血幹細胞移植療法
日本血液学会認定専門医
日本内科学会認定医

中西 孝尚 助教

専門分野 認定資格
造血器腫瘍、造血不全
その他の血液疾患
造血幹細胞移植療法
日本血液学会認定専門医
日本内科学会認定医

中谷 綾 助教

専門分野 認定資格
造血器腫瘍
造血不全
その他の血液疾患
日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
日本血液学会血液内科専門医・指導医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本内科学会JMECCインストラクター

藤田 幸恵 助教

専門分野 認定資格
血液疾患  

東 由子 助教

専門分野 認定資格
血液疾患  

堀田 雅章 研究医員

専門分野 認定資格
血液疾患  

吉村 英晃 研究医員

専門分野 認定資格
血液疾患  

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

1.血液のガンになったら、ほぼ助からないと聞きましたが?

    決してそんなことはありません。治療の中心となる抗がん剤も以前より効果が  
   高い新薬も開発されていますし、移植医療を併用すると完治する例も多く認め  
   られます。治療の予後には個人差が認められますので、インターネットなどの情
   報はあくまで参考ににしていただくだけに留めてください。決して最初からあきら
   めずに、個人にあった治療法を医師と相談の上選択することが重要です。

2.貧血は鉄分をとれば治ると聞きましたが?

    確かに鉄欠乏性貧血は、鉄分を摂れば治りますが、内服薬では全く効果がなくて
   注射薬ではじめて効果がみられるケースもあります。また、再生不良性貧血や巨赤
   芽球性貧血では、鉄剤を使用しても全く貧血は改善しません。それ以外にも、鉄
   剤の効かない貧血がいくつかありますので、自己判断せずに必ず当科を受診の
   上、適切な治療をお受けください。

3.出血傾向がある疾患では抜歯はできませんか?

    紫斑病などで出血傾向が強い疾患では、安易に抜歯することはできません。た
   だし、輸血や特殊なお薬を使えば、抜歯することは可能です。また抜歯のみなら
   ず、出産や外科的手術などについても当科の医師と情報を交換することにより、
   患者さまにとって必要な処置はいずれも可能となります。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分