関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

呼吸器内科

呼吸器・感染症内科

呼吸器・感染症内科 科長  宮良 高維

関西医大枚方病院の呼吸器・感染症内科は,外来では感染性疾患のほかに咳が続く方の診療、喘息やCOPDなどの慢性呼吸器疾患の診療も行なっています。また私は,感染制御部部長も兼任し、院内感染制御に従事するほかに、院内の感染性疾患の症例のコンサルトを受けています。この他にも当地域の15病院と感染対策に関する連携・支援を行なっています。認定施設につきましては、私は日本感染症学会、日本化学療法学会、日本結核病学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会の認定指導医で、日本内科学会認定の総合内科専門医でもあります。

呼吸器腫瘍内科

呼吸器腫瘍内科 科長  倉田 宝保

 我が国で2人に1人が罹患し社会的にも問題となっております悪性腫瘍の中でもっとも頻度の多い肺癌、さらには胸膜中皮腫などを含めた呼吸器腫瘍の診断と治療を行っております。化学療法を専門とし、外来化学療法も積極的に行っております。遺伝子異常検査に基づいた分子標的薬剤や将来有望とされる新しい治療法も導入し、全国トップレベルの呼吸器腫瘍の診断・治療が行える施設となっております。もちろん、肺気腫や気管支喘息などの良性呼吸器疾患も診療しておりますので、お気軽に受診して下さい。

科の特徴

良性疾患・悪性疾患を含め、あらゆる呼吸器疾患の診療に携わり、地域医療に貢献す ることに力を注いでいます。
良性疾患では気管支喘息、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎、非結核性抗 酸菌症、サルコイドーシス等をはじめ、比較的まれな疾患も診断・治療しています。
悪性疾患では原発性肺癌を中心に、手術適応の症例は当院呼吸器外科に手術依頼し、 手術適応でない症例は当科で、患者背景や組織、遺伝子変異、遺伝子多型を勘案した、 オーダーメイド治療を行い治療成績向上に努めています。肺癌の化学療法は予後の改善と QOL の向上をめざし長期継続するものですので、仕事や今まで通りの日常生活を 続けながら持続可能な治療が出来るように、原則外来での治療を行っています。外来化学療法は専任看護師、専任薬剤師が勤務する化学療法センターで集中して行い、治 療成績の向上とともに合併症の少ない安全性の高い化学療法の実施を目指しています。

科の実績

(平成24年)

【外来】
 受診数 : 16,637人
 初診数 : 1,598人
 外来化学療法センター : 1,479人

【検査】
 呼吸器内視鏡検査 : 434人

【入院】 (延べ) : 683人
 肺癌(癌性胸膜炎含む) : 505人
 肺癌疑い : 101人
 悪性胸膜中皮腫 : 5人
 縦隔腫瘍 : 4人
 悪性リンパ腫 : 2人
 原発不明癌:6人
 発熱性好中球減少症 : 2人
 肺炎・肺化膿症・膿胸 : 15人
 胸膜炎:4人
 結核・非結核性抗酸菌症 : 3人
 好酸球性肺炎 : 1人
 間質性肺炎 : 15人
 気管支拡張症 : 1人
 気管支喘息 : 2人
 慢性閉塞性肺疾患・その他慢性呼吸不全 : 6人
 サルコイドーシス : 2人
 気胸 : 5人
 喀血 : 5人
 心不全 : 1人
 その他 : 7人
 

宮良 高維 診療教授

専門分野 認定資格
感染症 日本感染症学会指導医
日本結核病学会指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
日本呼吸器学会指導医
日本呼吸器内視鏡学会指導医
日本内科学会総合内科専門医

倉田 宝保 診療教授

専門分野 認定資格
肺癌、臨床腫瘍 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器学会指導医
日本臨床腫瘍学会薬物療法専門医
日本臨床腫瘍学会指導医
日本臨床薬理学会特別指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

横井 崇 講師

専門分野 認定資格
呼吸器内科・肺癌 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会認定専門医
身体障害者福祉法指定医師
がん薬物療法専門医
がん治療治療認定医

鳥居 芳太郎 講師

専門分野 認定資格
呼吸器腫瘍内科 日本内科学会認定内科医
身体障害者福祉法指定医師
呼吸器学会専門医
気管支鏡学会専門医
がん治療認定医

片芝 雄一 助教

専門分野 認定資格
呼吸器内科 日本内科学会認定内科医
呼吸器学会専門医
身体障害者福祉法指定医師

尾形 誠 助教

専門分野 認定資格
呼吸器内科   

二木 麻衣子 任期付助教

専門分野 認定資格
内科  

山中 雄太 任期付助教

専門分野 認定資格
   

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

1.とにかく咳が続いている

    ぜひレントゲン検査と採血の検査をお勧めします。二週間以上続いている場合   
   には、レントゲン検査は必ず行った方が良いでしょう。結果によっては胸部CTで
   の検査まで必要になります。

2.小児期に喘息と言われたことはないので、喘息ではないのではないか?

    すべての喘息の患者さんが幼小児期に喘息であったわけではありません。成人
   になって発症する喘息の方も多く、その約1割に薬剤アレルギーを合併する方が
   いらっしゃると言われています。

3.レントゲンで結核の可能性があるといわれても熱も咳もないが?

    結核は発症の初期は自覚症状に乏しく、咳は無いことも、あっても軽い場合も   
   多く、病院を受診することが遅れがちとなる疾患です。もし、咳が続いている方が  
   結核であった場合には、既にかなり病状が進んでいて、ご家族や職場の同僚  
   などに感染させている危険性があります。二週間以上続いている咳は、がまん
   ができる程度でも病院を受診する目安です。長引く咳に37.5℃以上の発熱が
   加わった場合は、マスクを着用のうえ、受診を急いでください。

4.肺がんになったら、助からないと聞きましたが?

    決してそんなことはありません。治療の中心となる抗がん剤も以前より効果が高
   い新薬も開発されていますし、外科療法や放射線療法を併用すると完治する例も
   認められます。治療の予後には個人差が認められますので、決して最初からあき
   らめずに、個人にあった治療法を医師と相談の上選択してください。治るという強
   い意思を持つことがきわめて重要です。

5.喫煙をしていなければ肺がんを心配する必要はないでしょうか?

    喫煙と肺がんの発生との間に因果関係があるのは、一部の肺がんのみです。
   喫煙はしないほうがいいと思いますが、喫煙していなくても肺がんが発症すること
   は多いので、やはり検査を積極的に受けることが重要と思われます。自己判断せ
   ずに必ず当科を受診の上、適切な検査や治療をお受けください。

6.健康診断で胸のレントゲンに異常がなければ、肺がんは考えなくてもよいでしょうか?

    肺がんを発見する上において、胸のレントゲンの検査が重要であることはまちが
   いありません。ただし、胸のレントゲンが見かけ上正常でも、肺がんである可能性
   は存在しますので、咳や痰などの自覚症状が認められれば、必ず当科を受診して
   ください。場合によっては、腫瘍マーカーの検査やCTスキャン検査、さらには気管
   支鏡検査を実施することにより肺がんが見つかることもあります。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分