関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

消化器肝臓内科

消化器肝臓内科

消化器肝臓内科 診療部長 教授 岡崎 和一
関西医大附属枚方病院消化器肝臓内科では、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵臓のあらゆる疾患を対象に高度な先進的医療を行い、患者さんに「安らぎ」を得て頂けるよう、専門性を発揮しつつ全人的診療の実践を目指しています。内視鏡センターでは、最先端の小腸内視鏡やカプセル内視鏡なども導入し、消化器内視鏡検査・治療を受けた患者様は年間1万人以上と、近畿地区でも屈指の症例数を誇っています。肝疾患では、ウィルス性肝炎・肝硬変や肝癌治療に対しそれぞれインターフェロン療法やラジオ波凝固療法を実践するとともに、肝移植の相談・管理などの先進的医療も行っています。更に頻度の高い疾患だけでなく、急性・慢性膵炎、劇症肝炎、自己免疫性肝疾患、潰瘍性大腸炎、クローン病などのいわゆる難病に対しても、それぞれ関連する厚生労働省研究班の代表あるいは一員として、病態の解明や新しい治療法の開発・実践をしています。

科の特徴

消化器肝臓内科は消化管・肝・胆・膵にわたりあらゆる消化器領域疾患を対象にしています。それぞれエビデンスに基づいた医療を実践するとともに、高度で先進的な医療についても積極的に取り組んでいます。また、厚生労働省の研究班(難治性膵疾患調査研究班・難治性腸疾患調査研究班・難治性肝疾患調査研究班・難治性腸疾患の画期的治療開発研究班)や多施設協同研究による臨床研究・治験にも参加し、病態の解明や新しい治療法を開発するとともに、地域の先生方に情報提供を行っています。
1)消化管疾患では内視鏡的診断に加え、あらゆる内視鏡的治療法に取り組んでいます。上部消化管では食道胃静脈瘤(年間150例)、表在食道癌・早期胃癌(年間約150例)、大腸腺腫・早期大腸癌(年間300例)を中心に内視鏡的治療を施行しています。特に、内視鏡的粘膜下切開剥離法による表在食道癌、早期胃癌の治療は年間約100例余りと、多くを経験しています。
2)原因不明の消化管出血を始めとする小腸疾患の診断と治療に対して、ダブルバルーン小腸内視鏡(DBE)を積極的に行っており、近畿圏では、トップクラスの症例数(年間約100例)を誇っています。
また平成20年10月より保険適応を得た国産初となるカプセル型内視鏡も導入し、DBE術前スクリーニングとして役立てています。
3)消化性潰瘍、胃癌再発予防や悪性胃リンパ腫に対する非外科的治療法としてヘリコバクタピロリの除菌療法を積極的に施行しています。
4)重症・中等症の潰瘍性大腸炎に対して、白血球除去療法や副作用の少ない新しいドラッグデリバリシステムの臨床応用に取り組んでいます。
5)肝疾患では急性肝炎(劇症肝炎)・慢性肝炎・肝硬変・肝癌、薬物性肝障害、アルコール性肝障害、難治性の肝臓病である自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変症さらに生活習慣病に関連した脂肪肝・脂肪性肝炎などを対象としています。
①劇症肝炎など肝不全に対し、血液浄化療法を中心に最高水準の集学的治療を提供し救命率向上に努めています。
②慢性肝炎(B、C型ウィルス性肝炎)に対しては、肝生検に基づいた病期診断を行い、インターフェロンをはじめ最新の抗ウィルス療法を提供しています。肝生検は、肝臓病における質診断、病期診断に有用です。当科では年平均150例の肝生検を行っていますが、実質2日間の入院で検査を実施しており、社会生活に負担の少ない検査入院となっています。
③肝癌(肝細胞癌、転移性肝癌)に対しては、各種画像診断、腫瘍生検により早期診断に努め、放射線科協力のもと血管造影下のCT検査を駆使し、マイクロ波、ラジオ波など医療工学機器を用いた最先端治療と肝動脈塞栓療法(TAE)を用い集学的治療を実践しています。肝細胞癌の年間初発例数は約80例、再発例を含む治療数は約200例です。
④肝移植に関しては、肝胆膵外科との連携の基に、肝移植の窓口となるべく、専門の担当者をもうけています。
6)胆道膵の良性疾患・悪性腫瘍に対する内視鏡診断や超音波診断、ERCP手技を用いた内視鏡的乳頭切開術、胆道結石砕石術、胆道狭窄に対する内視鏡的胆道ステント留置術など胆道膵疾患に対する内視鏡的診断および治療を年間700件近く、積極的に行なっています。特に術後再建腸管例に対する小腸内視鏡を用いたERCP(DB-ERCP)は、西日本では本院が最初に導入した手技でいまや全国的にも有数の症例数を誇るまでとなりました。その他、内視鏡的乳頭切除術、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診、超音波内視鏡下膵仮性嚢胞穿刺ドレナージなどにも取り組んでいます。また、致死率の高い重症急性膵炎をはじめ、膵癌のリスクが高い慢性膵炎、最近注目されている自己免疫性膵炎の診断とステロイド治療など、各種胆道疾患、膵臓疾患の診療に取り組んでいます。
7)進展した消化器系各臓器における悪性腫瘍に対する全身化学療法にも積極的に取り組んでおり、治療例数は年間約90例となりました。
当科と関連のある学会指導施設としては日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本超音波学会などがあり、それぞれの専門医・指導医を擁しています。
以上のように消化器肝臓内科は専門性を発揮しつつ全人的診療にあたることをモットーにしており、また地域の先生方のご協力のもとに成り立っています。

科の診療実績

(平成24年)
  外来患者
   外来総数 39,548名、新患患者 4,628名、紹介率 75.6%
  
  入院患者
   入院患者総数 1,803名、入院患者延数 22,535名、平均在院日数 11.6日
  
  内視鏡件数
   上部消化管    7,007件(うち緊急内視鏡        545件)
   下部消化管    2,762件(うち緊急内視鏡        278件)
   胆     膵    1,073件(うち緊急                   50件)
   小     腸      214件(うちカプセル内視鏡   115件)
   合     計  11,056件(うち緊急内視鏡         873件)

専門医制度と連携したデータベース事業について

病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では、患者さん目線の良質な医療は提供できません。
そこで、日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するために、「一般社団法人National Clinical database」(以下、NCD)を立ち上げ、データーベース事業を開始することになりました。
この法人における事業を通して、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置が検討できるだけでなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することが可能となります。
何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人National Clinical database 代表理事 里見 進
http://www.ncd.or.jp/


詳細は、こちらをご参照ください。
  PDF ダウンロード

スタッフ

岡崎 和一 教授

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
肝臓病学
膵臓病学
消化器免疫学
超音波学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本超音波医学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医 

高岡 亮 准教授

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本胆道学会指導医

福井 寿朗 講師

専門分野 認定資格
消化器病学
下部消化菅疾患
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化器病学会近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会指導医

池田 広記 講師 (病棟医長)

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
肝臓病学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医

田橋 賢也 講師 (外来医長)

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医

島谷 昌明 講師

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学(胆膵内視鏡、小腸・大腸内視鏡)
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医、近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、近畿支部評議員、学会評議員
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本胆道学会指導医
日本消化菅学会胃腸科認定医、学会代議員
日本カプセル内視鏡学会指導医

森 茂生 診療講師

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本消化管学会認定医

段原 直行 診療講師

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本消化菅学会胃腸科認定医

若松 隆宏 診療講師

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医
総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

川股 聖二 助教

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医
総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医 

吉田 勝紀 助教

専門分野 認定資格
消化器病学
肝臓病学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医 

池浦 司 助教

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医

深田 憲将 助教

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医

三好 秀明 助教

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医
総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

楠田 武生 助教

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医

山科 雅央 助教

専門分野 認定資格
消化器病学
肝臓病学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医

仲野 俊成 准教授(兼)

専門分野 認定資格
消化器病学
消化器内視鏡学
医療情報学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 

宮崎 浩彰 講師(兼)

専門分野 認定資格
消化器病学
肝臓病学
医療安全管理学
 
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

1.胸やけがするのですが、なぜでしょうか?

    大部分の原因は、食物を飲み下す食道という管に、胃酸が逆流することで起こ
   ります。食道と胃のつなぎ目の筋肉が、胃酸の逆流を防ぐ働きをしています。この
   筋肉が弛むと、胃酸が食道に逆流してしまい、胸やけをおこす原因になります。
   もし胸やけの症状がおさまらない時は、癌などの病気が隠れていることがあり
   ます。

2.検診で便潜血反応が陽性でしたが、どうしたらよいでしょうか?

    便の中に血液が混じっていますので、消化管からの出血が考えられます。原因
   として、痔、大腸ポリープ、大腸憩室、感染性腸炎などの良性の病気が大部分で
   す。しかし、癌などの悪性の病気のこともあり、たとえ一回でも便潜血反応が陽性
   なら、精密検査で原因を調べる必要があります。

3.皮膚が黄色く尿も色が濃くなりましたが、なぜでしょうか?

    黄疸の可能性が高く、二つの原因が考えられます。体内では脂肪を分解するた
   め、胆汁が肝臓で生成され、胆道を流れています。結石や癌などで胆道が塞がれ
   ると、胆汁が血液の中に流れこみ、皮膚が黄色くなります。もう一つの原因は、肝
   炎などの肝臓自体の病気です。黄疸があると、早期に治療が必要です。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分