関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

腎臓内科

腎臓内科

腎臓内科病院講師 塚口 裕康 
診療内容
当科は、検診で見つかる検尿異常の精査(腎生検)から、腎不全進行の抑止・予防のため慢性腎臓病の診療連携、末期腎不全の腎代替療法まで、さまざまな腎臓に関連した専門的診療を、ご提供しております。

腎疾患の代表は、蛋白尿を主徴とする腎炎・ネフローゼです。しかし腎機能異常は腎臓だけの問題にとどまらず、高血圧、糖尿病、肥満、心不全、リウマチなどさまざまな全身疾患の病態と密接に関係しています。
例えば腎疾患があると、心臓病や脳血管病の発症率が高くなり、生命予後を悪くすることがわかっています。すなわちふだんから腎をよい状態に管理しておくことが、ご健康を維持と増進の秘訣であります。

このようなことから、腎という臓器の治療を、全身という広い視野からながめて総合的にバランスがとれる形でご提供することが、私たち腎臓内科の役割と考えています。

また原因がわからず、治療法が確立されていない難治性の腎疾患の病態を調査し、新しい治療法を開発するための研究事業(厚生労働省・難治性疾患克服事業 腎・泌尿器系の稀少難治性疾患群に関する調査研究)に参加し、最新の知見を還元すべく努めております。

遺伝学的検査や相談窓口を設けており、詳しくは班研究ホームページをご参照ください。
http://www.med.kobe-u.ac.jp/sgridk/

科の特徴

当科は、専門資格と豊富な経験を有する常勤医・非常勤スタッフ約10名が、外来、入院(病床15床、透析ベット10床)の診療を行っております。当院は日本腎臓病学会教育認定施設、日本腎臓病学会教育認定施設に指定されています。

私たちは、患者様の状態や必要な検査・治療についてわかりやすく説明し、根拠に基づいた情報を提示しながら、患者様とご家族の十分なご理解を得た上で安心して治療を受けて頂けるように心がけております。

受診される患者様へ

腎臓病には、その進行度により3つの対処法、すなわち ① 腎炎・ネフローゼの診断と初期治療(腎生検、ステロイド療法)、② 腎不全進行予防・抑止を目的とした慢性腎臓病の診療と生活指導、③ 腎不全の腎代替療法に至るまで、があります。当科では それぞれ段階の専門医と診療支援スタッフがおり、全人的な診療をご提供しております。

① 各種腎疾患の診断と治療

糸球体疾患(急性糸球体腎炎、慢性糸球体腎炎・IgA腎症、急速進行性腎炎)、尿細管・間質性腎疾患、全身性疾患による腎疾患(糖尿病性腎症、ループス腎炎、アミロイドーシス、ネフローゼ症候群、腎不全(急性・慢性)、腎血管性高血圧について、他の専門診療科と連携して診断・治療を行っています。
腎生検は、通常月曜日入院、金曜日退院の実質5日間の入院で検査を行い、月平均数例実施しております。

ご家族やご親戚に腎臓病の方がおられ、ご心配されている方のご相談にも対応しています。(遺伝相談・カウンセリング、金曜日)


② 慢性腎臓病の早期診断・治療と進展予防

現在のわが国の成人の500人に1人は、腎疾患が末期へと進行して透析療法を余儀なくされており、透析数の抑止が医療、そして社会的にも重要課題となっています。
腎は“沈黙の臓器”とも言われ、はらたきが低下しても症状が出にくいことが特徴です。しかしいったんむくみ、高血圧、尿毒症(毒素が蓄積する)などの自覚症状が現れたときには、すでに戻らない状態まで進行しているということがしばしば経験されます。

したがって腎不全にならないようにするには、腎疾患をまだ症状のない病早期のうちに発見して治療を開始し、進行を食い止めることが重要となります。ところがこれまでは、「病名がわからない」、「紹介するタイミングや基準がわからない」ということで、患者様が専門医を受診される機会が遅れがちでした。

そこで早期予防を実現するために新たな病名「慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease, CKD)」が考案され、診療に用いられるようになりました。

「慢性腎臓病(CKD)」とは、今後腎不全に進行するリスクのある腎臓疾患群を指す、総称です。ここであえて大雑把なCKDという用語を用いる理由は、詳しい病名にこだわらず、尿蛋白と推定糸球体濾過率(eGFR)という2つの簡単な検査結果を用いて、すぐに診断できるところにあります。またeGFRをめやすにして、重症度を5段階(ステージ1~5)にわけて評価し、客観的にご自分の進行度がどれぐらいかを把握することができます。

まだ原病名が決まっていない病早期でも、「慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease)のステージ"○"」という表現で当院にご紹介頂ければ、すぐに精査や必要な治療・指導を開始することが可能です。

腎臓専門医が内科的原因の検索や必要に応じて腎生検を実施し初期治療の方針が決まれば、かかりつけ医と連携して、診療を継続してまいります。

腎臓病を進行させる最大の因子は、血糖(糖尿病)であり、つぎに高血圧、脂質異常の順で、これらすべては生活習慣と深い関わりがあります。そこで当院では専門医・看護師・栄養士がチームを組み、日常生活や食事の習慣の工夫ができるように支援を行っています。
CKD進行予防を目的とした患者教育にも取り組んでいます(CKD教室・月1回・第4木曜、14時30分~)

わが国の疫学調査では、成人8人に1人は慢性腎臓病といわれており、専門医だけでは対応仕切れないという現状があります。また長期にわたる、定期的な管理も大切です。したがってかかりつけ医あるいは関連病院の先生方との診療連携に全力で取り組んでいます。
③ 腎代替療法

腎不全に対しては、血液透析、腹膜透析、腎移植の3つの治療法があります。各治療にはそれぞれの特徴があり、患者様ご自身のライフスタイルに合わせた療法選択が、日常生活の質の向上のために大切になります。当院では患者およびご家族様の生活に見合った、治療法をお選び頂けるよう、説明を行っております。(CKD 外来・週2回 月、水14時~)。

血液浄化療法センターでは、血液透析や腹膜透析の導入、合併症治療で入院された際の維持透析ほか、急速進行性腎炎や急性腎不全などの急性期治療、アフェレーシス(血液吸着、血漿交換、免疫吸着)も行っています。

血液透析:当科で導入を行った後は、地域の連携施設で維持透析を継続していただいております。この際には患者様個々の生活にあわせた施設をご紹介いたします。
またバスキュラーアクセスの専門外来(水曜日午前中・予約制)を設置し、作成手術依頼や術後トラブルについても対応しております。

腹膜透析:腹膜透析には残腎機能を保護できるという利点があります。個々の生活を優先しかつ腹膜透析の特徴を最大限に引き出すことを目標として、通院加療(月1回~2回)を当院で行っています。

腎移植:腎泌尿器外科と連携し、診療を行っております。

 腎移植の診療について

腎移植をご希望あるいは、移植についての質問をお持ちの患者様はかかりつけ医から
の紹介状をご持参の上、腎泌尿器外科・腎移植外来を予約し、ご受診ください。

枚方病院 腎泌尿器外科・腎移植外来
第 1, 3, 5 土曜日午前
担当医師:矢西正明
(泌尿器科学会専門医・指導医移植学会認定医臨床腎移植学会認定医)

日本移植学会認定レシピエント移植コーディネーター:東野幸絵

腎泌尿器外科部門  http://www7.kmu.ac.jp/urology/
当院での腎移植診療

腎移植とは

生体腎移植

献腎移植
 

科の診療実績

(枚方病院・腎臓内科)
     平成24年  平成25年
 外来 外来総数(人/月) 572  592 
1日平均患者数 25.3  26.5 
  (紹介率 75.6%)  (紹介率 92.2%)  
初診患者数  491 555 
入院 新入院患者数(人/年) 231  277 
入院延患者数 4590  5316 
入院1日平均患者数 150  175 
平均在院日数 19.0  18.7 

バスキュラーアクセス手術 50例 106
腎生検 64例 111

 
(枚方病院・血液浄化センター)

●血液透析 平成24年 平成25年
  総実施回数 2664 2555
  新規導入・患者数 63 78
  維持透析・(入院患者数) 312 312


●アフェレーシス(件数) 57 37
  単純血漿交換 4 21
  二重濾過血漿交換  14 0
  血球成分除去(G-CAP)  21 0
  LDL吸着 0 3
   腹水濾過再静注 18 13


 

スタッフ

塚口 裕康 講師

専門分野 認定資格
腎臓病学 日本内科学会指導医・認定医
日本腎臓学会専門医・学術評議員
日本透析医学会専門医 
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医

今田 崇裕 講師

専門分野 認定資格
腎臓病学 日本内科学会指導医・認定医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医 ・評議員

菊池 早苗 助教

専門分野 認定資格
腎臓病学 日本内科学会指導医・認定医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医 

草部 牧子 病院助教

専門分野 認定資格
腎臓病学 日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医

染矢 和則 病院助教

専門分野 認定資格
腎臓病学  

Q&A よくあるご質問へのお答え

1.検診で尿蛋白が見つかったのですが、どうすればよいでしょうか?

    尿蛋白は、激しい運動後、発熱体調の悪いときにはあきらかな腎臓病が無くて
   も出る場合があります。まずかかりつけ医の先生を受診して、もう一度検尿検査を
   受けて頂くことをおすすめします。尿蛋白が、繰り返して出る場合、量が多い場合
   血尿を伴う場合には、精密検査をした方がよい場合が多く、一度専門医を受診さ
   れることをお勧めします。

    そのためにはまずかかりつけ医の先生にご相談され、腎臓内科への紹介状を
   もらって、ご受診ください。問診・診察と検尿・採血(糸球体濾過率)、腹部超音波
   の3つの簡単な外来検査で、だいたいの治療方針を決めることができます。

2.検診で血尿が見つかったのですがどうすればよいでしょうか?

    血尿だけで、蛋白尿を伴わない場合は、内科的に治療を要するケースは少ない
   です。しかし50歳以上で血尿が持続する場合は、内科領域の疾患である腎炎と
   いうより、腎尿路、前立腺、膀胱の腫瘍、結石等が疑われます。後者の場合は、
   専門家は腎泌尿器外科になります。

3.かかりつけ医の先生に最近、腎機能が悪くなったと言われ心配しています。どのようにすればよいでしょうか?

    まずかかりつけ医の先生とご相談され当科への紹介状をもらって、腎臓内科を
   ご受診ください。腎臓病は、自分で気づく症状(むくみとか尿量・回数など)がなく
   ても、知らないうちに進行していることがあります。大抵は早めに対処すれば、よく
   なるのですが、未治療のままであると戻りにくくなります。

    当科では、問診・診察と、検尿、採血(糸球体濾過率)、腹部超音波の3つの簡
   単な外来検査で、だいたいの治療方針を決めることができます。多くの場合は当
   科で処方調整や食事療法などの助言をさせて頂いた後、引き続きお近くのかか
   りつけ医への通院をお願いしております。

4.ご家族、親戚に腎臓病の人がいて、自分が大丈夫なのか心配です。

    ご相談に対応いたしますので、金曜日の外来をご予約ください。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分