関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

産科・婦人科・婦人科内視鏡外科

産科・婦人科・婦人科内視鏡外科

産科・婦人科・婦人科内視鏡外科 診療部長 教授 岡田 英孝
枚方病院には、生殖内分泌・不妊、産科・周産期、婦人科腫瘍・内視鏡、という産婦人科の三領域すべての指導医がおり、女性診療科として思春期以降の女性の内・外性器にかかわるあらゆる病気の治療を行っています。集学的な先進医療が可能な大学病院として、地域の病院や診療所からは多数の患者様のご紹介を頂いており、最善の治療をできるだけ少ない身体的・精神的な負担で受けていただけるよう努力しています。

科の特徴

生殖内分泌・不妊治療部門
当科は泌尿器科と合同の生殖医療センターをもち、体外受精・顕微授精、精子・卵子・胚の凍結保存などの先進医療を含む不妊治療を提供しています。当センターは、生殖医療専門医制度の認定研修施設、日本産科婦人科学会の生殖補助医療の実施登録施設となっています。

産科・周産期部門
当科には2006年、大阪府で最初に総合周産期母子医療センターが開設されました。以来、MFICU(母体集中治療)とNICU(新生児集中治療)を備えた周産期基幹施設として、府下全域のみならず他府県からも妊産婦救急を受け入れています。母体合併症に対しては専門内科・外科とともに治療を行うとともに、胎児・新生児疾患に対しても、NICU・小児外科・小児心臓外科・小児脳神経外科などと共同で治療にあたる体制ができています。

婦人科・婦人科内視鏡外科
婦人科領域の良性・悪性腫瘍に対して、子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜症の内視鏡による妊孕性維持・回復手術、子宮頸癌・体癌・卵巣癌などに対する腹腔鏡・神経温存・リンパ浮腫低減手術など、最大の治療効果と最小の副作用を両立させる高度な開腹および内視鏡手術を目指しています。また、婦人腫瘍科として子宮内膜症・子宮筋腫などの薬物治療や悪性腫瘍に対する抗癌剤治療を行っており、放射線科と共同して血管内治療・放射線治療も行っています。

当院は日本婦人科腫瘍学会の専門医制度修練施設、日本産科婦人科内視鏡学会の認定研修施設、婦人科悪性腫瘍化学療法機構の登録認定施設です。

科の実績

(2014年の婦人科手術の診療実績)

手術症例:455例
 
  腹式 : 300例
    広汎子宮全摘術                    23例
    準広汎子宮全摘術                    8例
    拡大子宮全摘術or単純子宮全摘術+リンパ節郭清術        31例
    拡大子宮全摘術or単純子宮全摘術        127例
    附属器腫瘍切除術                   58例
    子宮筋腫核出術                    31例
   試験開腹術                     8例 
異所性妊娠手術                  5例
    その他                            9例
 
 膣式 : 87例
    単純子宮全摘術                    1例
    腹腔鏡補助下子宮摘出術                 1例
    子宮鏡下手術                       23例
円錐切除術 52例(ハーモニック:2例、下平:50例)
    その他                              10例
 
腹腔鏡下手術 : 68例
子宮全摘術 9例(内 子宮頸管妊娠 1例、侵入奇胎 1例)
   附属器腫瘍切除術 54例(体内法:48例、体外法:6例)
子宮筋腫核出術 2例       
  異所性妊娠手術(卵管手術) 3例

[入院患者疾患内訳]
 
良性子宮腫瘍          131例
        良性附属器腫瘍          110例
      子宮頸部上皮異形成、子宮頸部上皮内癌          66例
      子宮内膜増殖症          5例
      子宮頸癌
                I 期 13例、II 期 6例、III 期 4例、IV 期  1例
       子宮体癌
                I 期 23例、II 期 8例、III 期  9例、IV 期  2例
        卵巣癌
                I 期 10例、II 期 7例、III 期  10例、IV 期 0例
        卵管癌           0例
     腟癌             0例
      原発不明癌               8例
卵巣境界悪性腫瘍             16例
       子宮脱                  5例
       その他                17例


年次別の周産期データ (件数)

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
分娩数 750  732 716 686 788
双胎(組) 60 40 59  46 69
品胎(組) 0 3  3
帝王切開率(%) 42 36 41 39 38
OGCS搬送  87 77 93 109 131
帝切後子宮全摘術 0 2 2 2  3
NICU入院(院内出生) 193 208 192  166 168

スタッフ

岡田 英孝 教授(婦人科科長)

専門分野 認定資格
生殖医療
婦人科疾患
婦人科腫瘍
産婦人科専門医
生殖医療専門医
臨床遺伝専門医

北  正人 診療教授(婦人科内視鏡外科科長)

専門分野 認定資格
婦人科腫瘍・内視鏡外科 日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医

椹木 晋 准教授・副部長(産科科長)

専門分野 認定資格
婦人科疾患
婦人科腫瘍
周産期
産婦人科専門医
周産期学会暫定指導医

吉村 智雄 講師

専門分野 認定資格
産婦人科全般
内視鏡外科
産婦人科専門医 

溝上 友美 講師

専門分野 認定資格
産婦人科全般
婦人科腫瘍
緩和医療
産婦人科専門医 

笠松 敦 助教

専門分野 認定資格
周産期
超音波診断
産婦人科専門医
人類遺伝学会遺伝専門医
新生児蘇生専門コースインストラクター
日本超音波医学会専門医

都築 朋子 助教

専門分野 認定資格
生殖医療
婦人科疾患
 産婦人科専門医

吉田 彩 助教

専門分野 認定資格
周産期
超音波診断
 産婦人科専門医

佛原 悠介 助教

専門分野 認定資格
婦人科腫瘍
内視鏡外科
産婦人科専門医

髙畑 暁 助教

専門分野 認定資格
産婦人科全般  

生駒 洋平 助教

専門分野 認定資格
産婦人科全般  

坪倉 弘晃 助教

専門分野 認定資格
産婦人科全般  

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

1.子宮頸がんはワクチンで予防できるのでしょうか?

    このがんは性行為によるパピローマウイルス感染者のごく一部に発症すること
   から、数年前から予防ワクチンが普及しています。現在、性行為が始まる前の中
   高生を中心に20歳台前半までの女性を対象としてワクチン接種がおこなわれてい
   ます。しかしこのワクチンによる感染防止効果は70%程度で、もちろんすでに感染
   した後でうっても効果はありません。ですからワクチンを投与していたとしても、20
   歳以上の女性では1~2年に1回は子宮がん検診を受ける必要があります。

2.子宮体がんは増加傾向にあるのでしょうか?

    明らかに増えてきています。これは食事を含む生活環境が欧米化したためと考
   えられます。従来から閉経後での異常出血で見つかることが多かったのですが、 
   最近では月経のある若い年代でも、その前がん状態(異型子宮内膜増殖症)で
   見つかり治療することも多くなりました。月経以外での異常な出血がある場合は、
   ためらわずに産婦人科を受診して検査を受けてください。

3.不妊治療はいつから始めればよいのでしょうか?

    結婚した後、週2~3回の夫婦生活が1年程度あっても妊娠しない場合には、何 
   か原因がある可能性が高くなります。しかし月経が規則的な女性でも、妊娠でき
   るのは1か月に1回ある排卵の日だけですから、単にタイミングが合わないだけと
   いうこともありますので、まず基礎体温(薬局で婦人体温計を買えば説明書もあり
   ます)をつけてみて、自分の排卵日を推定するのが良いでしょう。また、不妊夫婦
   の約4割程度では男性側にも異常が見つかりますので、検査を始める場合はご主
   人も同時に受診されるほうが良いでしょう。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分