関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

皮膚科

皮膚科

皮膚科 診療部長 教授 岡本 祐之
皮膚病は一般に考えられているよりも奥が深く、種類もきわめて多く存在します。たとえば、皮膚の症状から内臓の悪性腫瘍や代謝性疾患、免疫やアレルギーに関係する疾患、血液疾患などが発見されることも珍しくありません。膠原病という全身の免疫に関する疾患の早期診断や治療も皮膚科で行います。関西医大ではすべての皮膚疾患に最新の治療法で対応できるように努力しておりますが、とくに、アレルギー・炎症性皮膚疾患、光線過敏症、サルコイドーシス、膠原病、皮膚腫瘍、悪性リンパ腫などの診療に力を入れています。通常の治療でなかなか改善しない多くの病気に対する光線療法とサルコイドーシスの診断・治療、乾癬に対する生物学的製剤治療に関しては日本で屈指の施設です。

科の特徴

難治性の免疫・アレルギー性疾患に対して紫外線治療を精力的に行っています。外来では有効性が高く副作用の少ない narrow band UVB 療法を中心に行い、より難治の疾患や皮膚悪性リンパ腫に対しては入院の上 PUVA 療法を施行しています。尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、菌状息肉症、強皮症、環状肉芽腫、円形脱毛症、皮膚掻痒症などの疾患に対して実施し、現在では数十人/日の難治性疾患患者を対象に実施し良好な成績を得ています。また、サルコイドーシスをはじめとする肉芽腫性疾患、強皮症の診断・治療、乾癬に対する生物学的製剤治療も積極的に行っています。

科の実績

(2013年実績)

(検査)
病理組織検査      約1,400件
蛍光抗体法         約100件
細菌・真菌検査     約1,500件
アレルギー生体検査   約250件
光線テスト         約100件

(治療)
光線治療         約9,000件
冷凍凝固術        約2,000件
局所免疫療法       約200件
外来新患者数       約4073件
入院新患者数       約382件

スタッフ

岡本 祐之 教授

専門分野 認定資格
免疫・アレルギー疾患
光治療
肉芽腫
日本皮膚科学会専門医 

水野 可魚 病院准教授

専門分野 認定資格
免疫・アレルギー疾患
肉芽腫
日本皮膚科学会認定専門医 

山崎 文和 講師

専門分野 認定資格
乾癬、光皮膚科学
色素細胞の発生、分化
膠原病
日本皮膚科学会認定専門医
 

植田 郁子 助教

専門分野 認定資格
強皮症
膠原病
日本皮膚科学会専門医 

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

1.以前からほくろがありますが、良性でしょうか、悪性でしょうか

    「ほくろ」といっても色々あります。徐々に大きくなったり、境界が不明瞭だった
   り、色が不均一であるような場合は、皮膚科の診察をうけましょう。

2.ステロイドの塗り薬は副作用がありますか?

    外用ステロイドによる副作用としては、皮膚の血管が浮き上がって見えるように
   なったり、ニキビが増えたりするなどの副作用はありますが、外用薬のみでは内
   服のステロイドにより生じる副作用は通常起こりません。

3.アトピー性皮膚炎は体質改善で治る病気ですか?

    漢方や健康食品、温泉療法などで体質を変えることはできません。生活環境を
   整え、スキンケアを十分に行い、ステロイド外用剤、抗アレルギー薬の内服、光線
   などによる治療を行い、病状をコントロールすることが大切です。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分