関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

画像診断科・放射線治療科・核医学科・血管造影IVR科

画像診断科・放射線治療科・核医学科・血管造影IVR科

画像診断科・放射線治療科・核医学科・血管造影IVR科
診療部長 教授 谷川 昇
放射線科部長からご挨拶を申し上げます。
まず、放射線科医の仕事内容をご紹介いたします。放射線科は放射線技師が撮影した胸部や腹部の単純X線写真、また、CT,MRなどの写真を我々放射線科医が読影し、診断レポートを作成して、その診断結果を臨床各科の先生にお渡しするのが仕事です。したがって放射線科医に求められる技能は極めて幅広く、且つ、高く保たれていなければなりません。このため欧米では放射線科医のことを「医師のための医師」とも呼ばれております。更に、放射線科医の仕事はこのような画像診断のみならず骨シンチに代表される核医学診断や治療を専門とする核医学専門医、血管の中にカテーテルを挿入して診断や低侵襲治療をおこなう血管造影IVRの専門医、また、癌患者の放射線治療や緩和医療を専門とする放射線治療医などが仕事をしております。したがって、枚方病院では放射線科の名の下に4つの診療科(画像診断科、放射線治療科、核医学科、血管造影IVR科)を開設し、それぞれの科に経験豊かな科長を配置して診療に当たっております。また、放射線治療外来は毎日開設、血管造影IVR外来は週2回開設しております。これ以外にも画像診断に対するセカンドオピニオンなどにも放射線科をご利用いただければと思います。

科の特徴

画像診断科:
マルチスライスCT 3 台、MRI 3 台(1.5T 2 台、3 T 1 台)を中心に、画像情報をいかに精細、明確に取り出すかを検討しています。CTについてはマルチスライスCTにより管腔臓器、隣接臓器の関係などを詳細に検討しうる3DやMPR再構成画像を可能とする撮像を基本としています。MRIは通常のSE像、GRE像の他、拡散協調像を基本的な撮像方法とし、造影MRAngioによる末梢血管抽出、高速撮像による胎児撮影、拡散テンソルを用いた神経線維の描出、MRSなどを可能としています。CT、MRIともに心臓(冠動脈)領域の撮影も可能となりました。CT、MRIともに造影剤の静注は看護師によって行われ、医師は読影、診断に専念しています。また、MRIは検査までの期間を短縮すべく、午後9 時(土曜日は午後5 時)まで稼動しています。

放射線治療科:
放射線治療部門ではリニアック2 台、新型コバルトによる高線量率小線源治療装置1台および小線源放射線治療計画専用CTを保有しています。リニアックは治療装置上でコーンビームCTなどによる位置照合も可能であり高精度の放射線治療を実現しています。日々多数の放射線治療患者の治療を確実にこなしつつ、緊急照射症例に対しても迅速な対応を行っています。年末年始やゴールデンウイークにも休日照射を行い、治療休止期間の短縮をはかっています。頭頚部がん、食道がん、婦人科がんの担当診療科の合同カンファレンス(キャンサーボード)を当科主導で主催しています。また、病棟ではがん疼痛緩和カンファレンスを開催し、看護師、薬剤師、放射線技師などを含めたチーム医療にてがん患者のQOL向上を目指しています。

核医学科:
一般核医学検査はSPECT撮影装置2台で月平均256件、PET検査はPET/CT装置1台で月平均220件を、行っています(2010年実績)。PET検査ではすべて全身の画像を作成し、悪性・癌病変の在り・無しを、鋭敏に検出できます。転移リンパ節のひとつひとつを描出できる精細な画像が得られます。CTで不明な病巣がPET検査ではじめてわかることもしばしば経験されます。
一般核医学検査では、骨転移の検出に優れる骨シンチ 117件、腎臓の機能と形状がともにわかる腎シンチ 21件、肝臓のわずかな機能低下も評価できる肝アシアロシンチ 20件、脳梗塞や認知症を早期の段階で診断できる脳血流シンチ 20件などが行われ(2011年3月)、SPECT像(断層撮影)も併せて作成し、精密で詳細な画像をもとに病変を判定しています。
検査報告書は病変のある部位をわかりやすく記述するように心がけ、近隣の医療施設からも多数の依頼を受けています。

血管造影IVR科:
血管造影による診断とインターベンショナルラジオロジー(IVR)を専門に行う診療科です。IVRとは最新の画像診断装置(X線透視、CT透視、エコー)を用いて画像ガイド下に行う治療です。最先端の医療器具を用い、体を切ることなしに、体外から遠隔操作で治療を行いますので低侵襲です。CTガイド下生検、抗がん剤を用いた動脈塞栓術、リザーバー留置術、各種臓器に対するラジオ波凝固術、椎体圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術、中心静脈リザーバー留置術、透析シャント血管形成術、乳糜胸に対する胸管塞栓術、各種ドレナージ術などがあります。過去に厚生労働省より先進医療の認可を受けた椎体圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術や骨腫瘍、肺腫瘍、腎腫瘍に対するラジオ波凝固術は、現在も積極的に行っています。
低侵襲であることを生かし入院期間は短く、日帰り治療にも積極的に取り組んでいます。外傷性出血に対する塞栓術などの救急IVRは24時間オンコール体制で対応しています。
詳しくは当科のホームページ(http://www3.kmu.ac.jp/radiol/hirakata_ivr.html)をご覧ください。

科の実績

中央放射線部の検査、治療件数(平成24年)
一般撮影室              63,982件
ポータブル                16,923件
泌尿器科                 2,462件
乳腺                        2,658件
骨塩定量                    1,095件
X線TV室                     1,575件
血管造影室                2,969件
CT                           33,362件
MRI  (時間内)            11,930件
MRI  (時間外)             4,719件
核医学(PET)             2,662件
核医学(SPECT)         3,002件
リニアック治療          18,752件
RALS治療                      33件
CTシュミレータ            1,104件
画像(入力)                9,289件
画像(出力)                7,331件

スタッフ

谷川 昇 教授

診療科 専門分野 認定資格
血管造影IVR科 IVR 放射線診断専門医
日本IVR学会専門医

河 相吉 病院教授

診療科 専門分野 認定資格
核医学科 核医学 放射線診断専門医
核医学認定医
PET核医学認定医

黒川 弘晶 講師

診療科 専門分野 認定資格
画像診断科 画像診断  放射線診断専門医

狩谷 秀治 講師

診療科 専門分野 認定資格
血管造影IVR科 IVR 放射線診断専門医
日本IVR学会専門医

池田 茂樹 診療講師

診療科 専門分野 認定資格
画像診断科 画像診断 放射線診断専門医

鎌田 実 診療講師

診療科 専門分野 認定資格
放射線治療科 癌放射線治療
癌化学療法
癌緩和医療
放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会認定医

小島 博之 診療講師

診療科 専門分野 認定資格
放射線治療科 癌放射線治療
癌科学療法
癌緩和医療
放射線診断専門医
日本IVR学会専門医

上埜 泰寛 助教

診療科 専門分野 認定資格
核医学科 核医学  放射線診断専門医

広川 裕三 助教

診療科 専門分野 認定資格
画像診断科 画像診断  放射線診断専門医

津野 隆哉 助教

診療科 専門分野 認定資格
画像診断科 画像診断  日本脳神経外科学会専門医

中谷 幸

診療科 専門分野 認定資格
血管造影IVR科 IVR  放射線科認定医

香西 雅介 病院助教

診療科 専門分野 認定資格
画像診断科 画像診断  放射線科認定医

寺澤 理香 病院助教

診療科 専門分野 認定資格
画像診断科 画像診断  放射線科認定医

吉田 理絵 病院助教

診療科 専門分野 認定資格
血管造影IVR科 IVR  放射線科認定医

角田 貴代美 任期付助教

診療科 専門分野 認定資格
放射線治療科 放射線治療
化学療法
緩和治療
 

林 謙治 医員

診療科 専門分野 認定資格
放射線治療科 癌放射線治療
癌化学療法
癌緩和治療
 

河野 由美子 医員

診療科 専門分野 認定資格
画像診断科 画像診断  

前原 稔 医員

診療科 専門分野 認定資格
 画像診断科 画像診断  放射線診断専門医

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

<放射線治療部門> Q.放射線治療は仕事をしながら通院できるのでしょうか?

    乳がんや前立腺がんの放射線治療は通常は通院で行います。毎日積み重ね
   て少しずつ放射線をあてていきますので、ひとつき以上の通院期間が必要な患者 
   さまが多いのですが、1回の治療は、わずか数分間です。受付から会計を含め
   て、1時間程度で病院を離れられることが可能であり、仕事や家事への支障が少
   ない治療といえます。毎日、放射線治療後に職場に向かわれるかたや、お仕事を
   早退して治療にこられるかたも多くいらっしゃいます。体調がすぐれないかたや、
   抗がん剤治療を組み合わせて治療する場合には入院が必要になりますので、通
   院可能かどうかは担当医にご相談ください。

<血管造影IVR部門> Q.検査や治療は全身麻酔ですか?

    局所麻酔で行うことがほとんどです。局所麻酔や鎮痛剤を使用して行われま
   す。

<核医学部門> Q.核医学検査で副作用はありませんか?

    放射性医薬品による副作用はごくまれで、最近の5年間の調査で10万人あたり
   に1.3~2.7人と非常に少ないのが特徴です。副作用の程度は、2005年度の副作
   用調査で非重篤が19件、重篤なものはありませんでした。
    検査用の放射線の量はわずかですから、心配はありません。投与される放射性
   医薬品の種類や量は、放射線治療の成績や広島、長崎の被爆者のデータ、動物
   実験の結果などに基づいて、患者さんの利益ができるだけ大きくなるように決めら
   れています。

<核医学部門> Q.核医学検査はどのような手順で行われますか?

    基本的には、検査の予約→検査に必要な準備→検査の実施→検査結果のお
   知らせの順で行われます。
    放射性医薬品の有効期限は極めて短いため、検査予定日の朝に病院に届い
   た薬を、その日のうちに使わなければなりません。ほとんどは静脈から注射しま
   す。検査の性質上、目的の臓器に薬が集まるまで、1~3時間待っていただいた
   り、朝の絶食、服用中の薬の一時中止などが必要な場合もあります。検査は、専
   用ベッドに静かに横になっている間に行われます。待ち時間を含めて2~3時間
   で終了する検査が多いのですが、注射をして1日または2~3日後にもう一度来
   院が必要な検査もあります。核医学の専門医が診断いたしますので、検査結果
   の説明は後日になります。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分