関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科 科長 診療教授 長谷 公隆
私たちのリハビリテーション・チームはリハ本来の意味である「安全に、早期に、患者さんを自宅に帰すこと」を目指しております。そのためには病気のきわめて早期からリハ専門医がかかわり、理学療法、作業療法、言語療法などを開始しています。超早期リハともいわれていますが、真のリハの実現のためには必要なことです。また患者さんが安全に自宅に帰ってもらうためには、家族や家の構造が良くわかっていないと不可能です。そのため、これらの情報を患者さんや家族から直接直ちにいただき、大切にし、患者さんの置かれた状況にあった最適なリハを実施しています。たとえば、脳卒中の場合には発病して数時間以内には当院脳卒中ユニットに運ばれ、脳神経内科や脳外科の医師の診断と治療を受けます。同時にこれらの医師から早期にリハ依頼がだされ、すぐにリハ治療が開始されます。治療中は常に家族、そして直ってから帰ってゆかれる自宅の構造、環境を考えながら治療してゆきます。
また、人工関節や癌の外科的治療では術前からリハが始まります。すなわち手術前に体力や筋力を増強することを開始し、手術後どのようなリハが実施されるか前もって説明します。術直後からリハが開始され、患者さんが最小限の痛みで最大限の回復を図ることを応援します

科の特徴

リハビリテーション医療とは、患者さんの疾病から生じる日常生活や排尿、排便そして歩行などの活動能力の低下を対象として、障害の改善や日常生活、歩行の向上をターゲットとするものです。
当科では、脳卒中などの急性疾患や重篤な外傷などの急性期医療において機能回復を促進するための急性期リハビリテーション、関節手術やがんなどにおける周術期治療としてのリハビリテーション、大学病院での先進的医療効果を高めるために体力や生活機能の改善を図るリハビリテーションを実施しています。これらの治療においては、カンファレンスや症例検討会などを通じて医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がチームとして関わり、運動機能、高次脳機能、呼吸機能、嚥下機能などの詳細な評価に基づいたリハビリテーションを展開しています。また、異常な筋緊張を和らげて四肢の動きを改善させるボツリヌス療法や、麻痺の機能回復に効果的な感覚入力を用いた先進的治療を行っています。

科の実績

各療法実施患者件数 理学療法     26,440件   (平均2,203件/月)
                作業療法      9,908件     (平均825件/月)
                言語療法      5,292件     (平均441件/月)

各療法実施単位数   理学療法 36,319単位 (平均3,027単位/月)
                 作業療法 17,243単位 (平均1,436単位/月)
                 言語療法   8,443単位    (平均703単位/月)
 
診療科別の割合 : 整形外科 48.3%、脳外科 10.6%、消化器外科 8.1%、
             救命科 5.7%、循環器内科 4.7%、小児科 4.2%、
             神経内科 3.5%、循環器外科 2.3%、リウマチ膠原病科 2.1%
             呼吸器腫瘍内科 1.2%、放射線科 1.2%、腎泌尿器外科 1.1%
             消化器内科 1%、耳鼻咽喉科・頭頚部外科 1%、腎臓内科 1%
             女性診療科 0.9%、皮膚科 0.7%、血液腫瘍内科 0.5%
             呼吸器外科 0.4%、心療内科 0.4%、形成外科 0.3%、
             内分泌代謝性疾患科 0.3%、小児外科 0.3%、乳腺外科 0.2%
             呼吸器感染症内科 0.1%

スタッフ

長谷 公隆 診療教授

専門分野 認定資格
 リハビリテーション医学 日本リハビリテーション医学会専門医・指導責任者
日本臨床神経生理学会認定医(筋電図・神経伝導)

沖塩 尚孝 助教

専門分野 認定資格
リハビリテーション医学  

近藤 圭三 主任理学療法士

専門分野 認定資格
 理学療法 内部障害系専門理学療法士
呼吸療法認定士
ケアマネージャー
福祉住環境コーディネーター2級

金 光浩 主任理学療法士

専門分野 認定資格
理学療法 呼吸療法認定士

脇田 正徳 理学療法士

専門分野 認定資格
理学療法 呼吸療法認定士

森 公彦 理学療法士

専門分野 認定資格
理学療法  

濱田 真一 理学療法士

専門分野 認定資格
理学療法 呼吸療法認定士

中川 佑美 理学療法士

専門分野 認定資格
 理学療法  

高畑 晴行 理学療法士

専門分野 認定資格
理学療法 福祉住環境コーディネーター

有馬 泰昭 理学療法士

専門分野 認定資格
理学療法  

清水 遼子 理学療法士

専門分野 認定資格
理学療法  

阪口 純 作業療法士

専門分野 認定資格
作業療法  

橋本 晋吾 作業療法士

専門分野 認定資格
 作業療法  社会福祉士
Assessment of Motor and Process Skills 認定評価者
Assessment of Awareness of Disability 認定評価者

小田 友舞 作業療法士

専門分野 認定資格
作業療法  

河北 麻衣 作業療法士

専門分野 認定資格
作業療法  

前田 葉子 言語聴覚士

専門分野 認定資格
言語・聴覚 認定言語聴覚士(摂食・嚥下障害領域)
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士

永島 史生 言語聴覚士

専門分野 認定資格
言語・聴覚  

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

1.神経麻痺はなおるのでしょうか?

    脳や脊髄が損傷を受けて半年以上経過しても後遺症として麻痺が残っている場
   合には、麻痺を完全に回復させることは現在の医療では困難です。しかし、神経
   刺激療法や麻痺している手足を適切な環境で使う運動療法を行うことで、機能回
   復が得られる場合があります。機能回復の可能性は麻痺の程度や併存している
   障害によって異なりますので、リハビリテーション科専門医の診療を受けられるこ
   とをお薦め致します。

2.ボツリヌス毒素療法とはどのような治療でしょうか?

    ボツリヌス菌の神経毒製剤を筋肉注射することで、脳や脊髄の損傷後に生じた
   筋緊張異常や、頚部の不随意運動、顔面のけいれんを治療します。注射後3~4
   ヶ月間、筋肉がほぐれますので、その間に動きを良くするためのリハビリテーショ
   ンを実施します。握ったまま指が開かない、肩が動きにくくて着替えが難しい、歩く
   ときに足の指が曲がって痛い、などの症状でお悩みの方はご相談ください。

3.介護保険でリハビリを受けている場合に医療保険でのリハビリは可能でしょうか?

    介護保険を利用してリハビリテーションを実施している場合は、医療保険でのリ
   ハビリテーションを受けることは基本的にできません。当科通院でのリハビリテー
   ションを受ける場合には、その期間、介護保険でのリハビリテーションは中止して
   いただきます。一方で、ボツリヌス毒素療法などを受けた後のリハビリテーション
   は、介護保険で実施していただく方が便利な場合も多く、その際には連絡を取り
   合いながら実施させていただきます

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分