関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

救急医学科

救急医学科

救急医学科 診療部長 教授 鍬方 安行
私たちの務めは、地域の救急医療に対する当院に相応しい貢献、多領域にわたる救急患者に対応できる救急医の育成、医学生・研修医に対する将来役に立つ救急医療教育の3点です。当院救命救急センターは枚方、寝屋川、交野の3市地域の救急医療の基幹施設であり、救急医学科はこのセンター運営の中核です。当地域では、重症救急患者が年間720~900件発生していると想定され、これら重症患者の大半に対応することが、私たちの施設の役割です。救命救急センターおよびスタッフがその機能を有効に発揮するには、重症患者に重点を置く必要があります。他方、医学生・研修医に対する救急医療教育としては、急性期傷病を軽症例も含めて広く実践すべきです。この二要素を両立できるような重症度分布が、現実には望まれます。救急救命士教育を含めたさまざまな工夫の結果、軽症・中等症・重症の比率が現在1/3ずつで維持されています。

科の特徴

スタッフは深刻に不足しているが、フットワークの軽さ、診療領域の広さ、patient-orientated なスタンスを胸に、日夜業務に励んでいる。熱傷症例については、軽症から重症にいたるまで、全例に対応しており、形成外科との連携も良好です。

科の実績

(平成24年度)
 患者退院統計 : 総数 709例
 患者転帰:死亡 236例(死亡率 33.3%)、院内転科 66例(9.3%)
 平均在院日数 : 7.9日
 中央手術室での手術件数 : 135件

スタッフ

鍬方 安行 教授

専門分野 認定資格
外科救急
外傷救急
日本救急医学科指導医・専門医
日本外科学会認定登録医・指導医
日本外傷学会専門医

櫻本 和人 助教

専門分野 認定資格
外科救急
集中治療
外傷医療
一般外科
 外科学会専門医
 救急科専門医

室谷  卓 助教

専門分野 認定資格
外科救急
救急全般
 外科学会専門医
 救急科専門医

中村 文子 任期付助教

専門分野 認定資格
   

Q&A 当科によくあるご質問とその答え

1.高度救命救急センターで診てもらうには、どうすればよいのでしょうか?

    当センターは、「救急医療の最後の砦」として機能しなければなりませんので、
   救急要請した現場で救急隊が当センターへの搬送が必要と判断した場合か、ま
   たは他の医療機関で診療をうけたのち当センターへの転院が必要と診断された
   場合においでいただくことになります。患者さんがご自分でおいでになることはお
   控えください。

2.完全になおるまで入院させてもらえるのですか?

    当センターは、補助循環装置や人工呼吸器、血液浄化機器など、様々な先進
   医療機器を使用して命を救うための専門施設で、限られたベッドを運用していま
   す。従って、このような医療が必要な方を、必要な期間に限り収容・治療させてい
   ただいており、病状の回復された方から、すみやかに地域の病院へ転院していた
   だいています。当センターに搬入されたものの、思いのほか病状が軽ければ翌日
   に転院していただく場合もありますが、平均すると約6日間の入院となっています
   ので、あらかじめご理解をいただきますようお願い申し上げます。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分