新着情報

2018夏川柳コンテスト 結果発表

 当院では今年『2018夏川柳コンテスト』と題して『夏』をテーマに入院患者さんより川柳を募集いたしました。入賞されました5句をご紹介させていただきます。

【入賞作品】

きいてくれ 鎮静剤よ 神様よ
ペンネーム:Shin
作品への想い:ダブルバルーン内視鏡できちんと石がとれますように、と神様にお願し、いつも途中で目覚める鎮静剤が最後までききますよう、という思いをこの川柳に込めました。

阿弥陀さん 廊下でワゴンと にらめっこ

ペンネーム:9回入院の男
作品への想い:病室では阿弥陀様のようににこやかに!廊下ではワゴンを前に必死。

巡り合い 病と共に デイルーム
ペンネーム:浮雲
作品への想い:難病で長期入院し、だれとも話すこともなく一人で涙していた。デイルームでいろんな人と出会い勇気づけられた日々を感謝!!いい思い出です。

入院を 避暑と慰む この暑さ
ペンネーム:淀の川舟
作品への想い:入院して手術を控える重苦しさを、一層涼しい避暑地で過すのだと割り切ってのり切ろうと。

夢に見た 子供の笑顔は 二人分
ペンネーム:しんごママ
作品への想い:なかなか出来なかった子供がやっと出来たと思ったら、双子で喜びも楽しみも2倍です。


【企画情報】
募集期間:2018年8月1日~31日
対象者:入院患者さん
目的:入院患者さんに風情を感じていただき、治療に対する不安の緩和、入院生活の気分転換のための企画。
総応募数:45句
実参加数:20人
主催:附属病院ボランティア委員会

たくさんのご応募をいただきありがとうございました。