新着情報

前立腺がんの新たな放射線治療(超短期照射・超高リスク前立腺がん治療戦略)について

罹患数が急増している前立腺がんに対する放射線治療について、当院では2021年1月より従来の放射線治療に加え、下記のように短期間での治療が可能な方法を選択いただけます。



 照射方法 放射線治療 照射
線量
照射
回数
治療
期間
保険点数

従来の方法

 通常照射 IMRT 74Gy 37回 8週間 3,000点
×37回

2018年
4月~実施

 短期照射 IMRT 60Gy 20回 4週間 4,000点
×20回



2021年
1月開始


 

超短期照射
 
IMRT 36.25
Gy
5回 1週間 63,000点
組織内照射(HDR)  27Gy 2回 2日  23,000点

超高リスク前立腺がん
に対する併用照射
 
 IMRT
+
 組織内照射(HDR)
60Gy
30回  6週   3,000点
×30回
 21Gy 3回  2日   23,000点
 
 IMRTについて詳細はこちら

組織内照射について詳細はこちら
 
選択が可能となった治療方法は、従来の方法と比較して副作用を増やすことなく同等の効果を得ることができます。
病状によっては従来の方法が適している場合もありますので、治療方法については診察時にご相談のうえ決定させていただきます。