疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

眼窩蜂窩織炎

診療科

症状の解説

眼窩の脂肪組織を中心に強い炎症が起きた状態。急に眼が赤くなり、眼瞼の腫脹、発赤や眼痛を伴います。眼瞼を触るとよりいっそう痛く、時には眼球突出を起こす事もあります。、眼球運動障害による複視(2重に見える)を起こすこともあります。 症状が強い時は、眼球内にも炎症が波及し、視力が低下する事もあります。場合によっては発熱や、頭痛、吐気なども起こります。

主な原因

急性の細菌感染で、黄色ブドウ球菌が起炎菌として多いといわれています。眼瞼の強い炎症や副鼻腔炎や、歯の周囲の感染巣などから、炎症が波及することが多いようです。

必要な検査

他疾患との鑑別、まず急性結膜炎と鑑別します。 視力測定し、細隙灯顕微鏡で眼球内に炎症が波及していないかをで診察します。 CT検査を行い、眼窩内の病状を把握と、副鼻腔の状態をチェックします。 炎症の原因菌の発見に努め、菌が特定されれば薬に対する感受性検査を行います。

治療法

広域抗菌薬の点滴静脈注射を行います。原因菌が特定されたら感受性のある抗菌薬を用います。原因が副鼻腔や歯の周囲のときは、それらの治療を行います。

閉じる