概要

ぶどう膜炎という、眼球に炎症が起こる病気について診療する外来です。サルコイドーシス、原田病、ベーチェット病をはじめ、悪性リンパ腫やヘルペスによる急性網膜壊死など、炎症性眼疾患を専門としています。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

ぶどう膜炎は内科的な全身疾患の一症状として出てくることもあります。ぶどう膜炎の約半数は原因が不明ですが、まずはさまざまな検査を行って可能な限り原因を特定し、治療方針を立てていきます。基本的にはステロイド薬を使った薬物治療がメインとなりますが、ベーチェット病ではインフリキシマブの全身投与も行いますし、症例によっては手術治療が効果があるぶどう膜炎もあります。感染性眼内炎では、細菌の増殖と炎症によって失明の危険にさらされますので、速やかな手術治療が必要となります。そういった場合でも、緊急的に治療が行える体制を整えています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

閉じる

診療日程

午前
午後
(予約制)
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

直接の予約は受け付けておりませんので、まずは一般外来を受診していただくことになります。

閉じる