概要

わが国の腎移植の90% は生体腎移植で、多くが夫婦・両親・兄弟からの腎提供により行われています。腎提供者(ドナー)は、ひとつの腎を患者様(レシピエント)に提供された後、推定糸球体濾過率(eGFR)は約40-50ml/min/1.73m2となり、慢性腎臓病のステージ3に相当します。腎提供者(ドナー)の長期予後は、同年齢健常人と比較し、差はないことが示されていますが、高齢化傾向があります(平均57.4歳、2017年臨床腎移植学会集計)。しかし残りひとつの腎がからだ全体に必要な機能を担う状態であり、定期的な検診が勧められています。腎ドナー外来では、ドナーの腎保護に必要な、定期的検診、生活指導、診療を行っています。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

腎臓内科(血圧、血糖管理などの腎保護)、腎泌尿器科(手術に関する合併症、尿路結石など)の2つの診療科が半年間隔に、交替で、診察を行っています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前
午後
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

腎センター受付(3階K-1) でご予約ください。

閉じる