概要

肝疾患としては、主に慢性肝疾患と肝細胞がんがあります。C型慢性肝炎は直接作用型抗ウイルス薬で、B型慢性肝炎は核酸アナログまたはインターフェロンで治療します。また、肝生検などで診断した上、自己免疫性肝炎はステロイドを、原発性胆汁性肝硬変はウルソデオキシコール酸を投与します。肝細胞がんの内科的治療は、進行度により肝動脈塞栓療法やラジオ波焼灼療法、経口抗癌剤のソラフェニブ投与などで治療を行います。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

肝細胞がんの治療に関しては、当院外科、放射線科とも話し合い、最適と考えられる治療を行います。 肝動脈塞栓療法とは、肝細胞がんは肝臓の動脈血管から栄養支配を受けており、この動脈から抗がん剤と塞栓物質で血流を遮断することで治療を行います。また、ラジオ波焼灼術はエコーガイド下に針を肝細胞がんに穿刺し高周波で焼いてしまう事で壊死させます。C型慢性肝炎は、インターフェロンは使用せずに飲み薬を3ヶ月投与することで治療する事ができるようになりました。ガイドラインに沿った最先端の治療を行っております。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前
午後
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

外来を受診しご相談ください

閉じる