概要

めまいには「中枢性めまい」と「末梢性のめまい」があります。

中枢性めまいは、持続性であることが多く眼振や他の神経症状を伴い、脳幹障害や小脳障害、脳血管障害、腫瘍、変性疾患などの基礎疾患が原因となって起こります。末梢性めまいは前庭性と内耳性に分けられます。前庭性めまいとしては、良性発作性頭位眩暈症(BPPV)や前庭神経炎が含まれ、内耳性めまいにはメニエール病や突発性難聴が挙げられます。

当科めまい外来では、末梢性のめまいに対し原因検索、加療を行っています。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

めまい外来を受診される患者さんには、全て前庭スクリーニング検査(三半規管の異常を含む検索)、重心動揺計(末梢性か中枢性かの判断材料)などのめまいの精査を行っています。検査結果によって、CT、MRIを行い聴神経腫瘍を含む病変等がないかを確認していくようにしています。

治療としては、めまいの原因として最も多い良性発作性頭位めまい症には頭位治療を、前庭機能障害にはめまい体操の指導を行っています。また、メニエール病によるめまいのコントロール不良の患者さんに対し、聴力が残存している場合はステロイド鼓室注入を、聴力障害がある場合はゲンタマイシンの鼓室注入を行うことで、めまいのコントロールを試みており、それら鼓室注入療法無効な方に対しては手術も考慮しています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前
午後
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

一般外来受診してください。担当医が予約をお取りします。

閉じる