概要

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つで、日本人の後天的失明原因の第2位を占めています。糖尿病は近年罹患者が増えていると言われていますので、視力障害を来さないためにも、早期発見、早期治療が大変重要です。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

糖尿病外来では、糖尿病網膜症の治療を行っています。今までにも製薬会社とも協力しながら新薬の治療研究にも積極的に取り組み、抗VEGF薬と呼ばれる新しい薬が日本で認可を受けるために貢献致しました。抗VEGF療法などの薬物療法だけでなく、手術治療も積極的に行い、良好な成績を残しています。特に重症となり失明率が高い増殖糖尿病網膜症に血管新生緑内障を伴った場合には、緑内障外来とも協力して治療にあたるため、失明を回避できた症例が増えてきています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

閉じる

診療日程

午前
午後
(予約制)
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

直接の予約は受け付けておりませんので、まずは一般外来を受診していただくことになります。

閉じる