概要

毎週火曜日の午後、耳鳴り・難聴に対して専門外来を行っております。耳鳴の原因や程度はさまざまではありますが、一般には耳に関する病気の症状として現れ、難聴をともなうものは90%以上とも言われております。当科耳鳴・難聴外来では聴力検査に加え、必要によっては画像による精査を行い診断・加療を行っております。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

聴力検査にて難聴の有無を確認し、難聴が認められれば原因検索をおこない加療を行っています。高音失墜型(両側とも高い音のみが全く聞こえない)の難聴を含む特発性難聴(原因不明の進行する難聴)例では、希望があれば遺伝子検査を行い、遺伝的な要因の関与を調べることも行っています。

難聴をがないと判断された場合でも一側性の耳鳴であればMRIを行い、聴神経腫瘍や血管走行異常などの病変がないか精査しています。また、拍動性耳鳴に対しても同様に画像精査を行っています。

精査にて異常が無ければ、TRT(Tinnitus Retraining Therapy)療法という、耳鳴りを完全に消すのではなく気にならないようにする治療を実施しています。また、難聴を伴う場合は補聴器を用いて耳鳴治療を行うこともあり、補聴器を用いて行う際は補聴器外来へ紹介しています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前
午後 14:00〜
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

まずは一般外来受診してください。必要な検査後に予約をお取りします。

閉じる