概要

脳腫瘍の中には、手術だけでは治らないものがあります。当院ではこれらの脳腫瘍に対し、最新の手術に加え放射線、薬の治療を行っています。また、同意が得られた患者さんの腫瘍の遺伝子解析を行い、それぞれの患者さんに対して最適化したテーラーメード治療の実施を目指しています。また、試験段階の新薬や新しい治療機器を用いた治療も希望に合わせて実施しています。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

脳腫瘍外来では脳腫瘍の中でも、治療困難な神経膠腫、膠芽腫、胚細胞腫瘍、悪性リンパ腫、髄芽腫などの腫瘍を対象に治療を行っています。これらの腫瘍は脳の重要な部分に隣接して発生している場合も少なくありません。手術においては、神経を刺激するさまざまな電気生理学的な手法を用いて神経機能温存に努めています。また、手術中に目を覚まさせていただき、専門のスタッフが神経機能を確認しながら腫瘍の摘出を行う覚醒下手術を積極的に導入し、良好な成績を挙げているのが当院の特徴です。傷が小さく負担の少ない内視鏡を用いた手術も、一部の患者さんに対し行っています。放射線治療では、強度変調放射線治療(IMRT)等を用い正常な脳にできるだけ影響が出ないような治療を導入しています。薬については、すでに保険承認されている薬だけではなく、未承認の新薬の臨床試験も行っています。新しい機器を用いた治療、免疫機能を強化し腫瘍を攻撃する免疫治療についても他施設と連携し実施しています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

閉じる

診療日程

午前
午後
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

地域の医院さんより当院地域医療連携部を通じて予約をお取りください。もしくは当院外来で予約をお取りします。

閉じる