概要

最近、日本でも増加している加齢黄斑変性の診断、治療は当院眼科のお家芸の一つであり、診断に至る蛍光眼底造影や光干渉断層計(OCT)の画像読影については国内でも高いレベルを誇っています。加齢黄斑変性や強度近視にみられる脈絡膜新生血管への抗血管内皮増殖因子薬(抗VEGF薬)硝子体内注射の実施件数も多く、国内でも有数の治療施設の一つとなっています。また、診断が困難な遺伝性黄斑変性疾患についての診断も数多く行っています。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

加齢黄斑変性は同じ病名でも病型や経過については、患者さんによって様々なパターンがありますので、診断から治療に至るまで同一医師が担当させていただき、必要に応じた治療や見え方に対応した日常生活の指導やロービジョン対応も行います。加齢黄斑変性においては、抗VEGF薬硝子体注射や必要に応じて光線力学療法(PDT)、レーザー光凝固など、患者さんの眼の状態に応じて最適な治療を行います。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

閉じる

診療日程

午前 髙橋
永井
長央
(全て予約制)
大中
木村
千原
髙橋元
(全て予約制)
千原
(全て予約制)
永井
大中
(全て予約制)
髙橋
木村
(全て予約制)
 
午後
(予約制)

(予約制)

(予約制)

(予約制)

(予約制)
 
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

地域の医院より各診察医宛、あるいは黄斑外来宛の紹介状を持参していただくことが必要です。 各曜日、午前診の時間で対応しています。

閉じる