概要

サルコペニアは、加齢などに伴い筋力が著しく減少している状態です。筋力低下は転倒・骨折・寝たきりの原因と言われていますが、最近では動脈硬化や認知症の原因としても注目されています。当外来では、各種検査・栄養指導後、3~6カ月間の筋力トレーニングを行い、サルコペニアの治療・予防を目指します。
【健康科学センターサルコペニア外来のHPはこちら】

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

最初に現在の筋力、筋量、体力などを測定し、その後筋力増強のためのトレーニング開始となります。トレーニングは通院又は自宅にて3ヵ月間行います。3ヶ月後にトレーニング効果を確認します。その後の3ヶ月間は運動習慣の獲得のため自宅にてトレーニングを行い、その後再度各種検査にて効果判定を行います。また、筋力や筋量の増加の為には、運動だけではなく食事も重要です。そこで、現在の食事内容の記録をもとに栄養指導も定期的に受けていただきます。

 ただし、筋力トレーニングは関節等への負担も大きいため、最初に整形外科専門医により腰・膝の痛みやレントゲンを確認し、運動の可否を確認させていただきます。関節等の状況により積極的なトレーニングの対象外になることがあります。あらかじめご了承ください。詳しくは外来受診時にご相談ください。

 

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前

(トレーニング)

(トレーニング)

(トレーニング)
午後
(外来)
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

完全予約制です。お電話、もしくは当センター独自ホームページ(http://www.kmuhsc.net/)の「受診申込み」よりお申込みください。また、かかりつけ医より地域連携を通し直接お申込みいただくことも可能です。

閉じる