概要

門脈圧亢進症やそれに伴う食道・胃静脈瘤、門脈圧亢進症性胃症(PHG)、胃前庭部毛細血管拡張症(GAVE)などの消化器肝臓病に対する治療を行っています。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

食道・胃静脈瘤、門脈圧亢進症性胃症(PHG)、胃前庭部毛細血管拡張症(GAVE)などの門脈圧亢進症による消化管病変に対しては、超音波内視鏡検査(EUS)・CT・MRIなどにより血行動態や基礎疾患の病態を把握した上で総合的に治療戦略を検討し、内視鏡的硬化療法(EIS)、内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)、アルゴンプラズマ凝固療法(APC)などの内視鏡治療や、放射線科の協力のもとでバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)、部分的脾動脈塞栓術(PSE)などのIVR治療を積極的に行っています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前
午後
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

地域の医院さんから地域医療連携部を通じて初診外来を予約してください。

閉じる