概要

近年アレルギー性鼻炎患者は著しく増加し、特にスギ花粉症は罹患率が3割を超える国民病となっています。抗原特異的免疫療法は、アレルギー性鼻炎の唯一の根治が可能な治療法で、皮下注射法は100年以上の歴史があります。当科では、近年保険適応となった、スギ、ダニの舌下免疫療法を中心に治療を行っています。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

抗原特異的免疫療法はアレルギー性鼻炎に対する唯一の根治が可能な治療法で、注射に代わる投与法の舌下免疫療法が有効性、安全性の高いことが報告されるようになり、患者負担の軽減される治療として注目されています。本邦でも2014(平成26)年10月にスギ花粉症舌下免疫療法が、2015(平成27)年11月にダニ舌下免疫療法治療が保険適応となりました。当科はスギ花粉症舌下免疫療法が保険適応以前の2010(平成22)年より日本医科大学などと共同で治験を行い、治療経験を重ねてきました。今後は近隣の開業医の先生と連携を深め、副反応の生じやすい最初の1ヵ月は当科で治療導入を行い、その後は引き続き近医の先生に診ていただくシステムの構築を目指しています。また、今後解明が期待されている効果を示す客観的な指標、効果を予測する因子の探索などを目標に研究を行っています。

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前
午後
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

午前の一般外来を受診後、当外来予約してください。

閉じる