当院では安心して無痛分娩をお受けいただくため下記の要領で硬膜外鎮痛法による無痛分娩を管理しています。

ページの先頭へ

対象となる方

・鎮痛を希望される妊婦さん
・鎮痛が好ましい合併症を持つ妊婦さん
閉じる

ページの先頭へ

当院の無痛分娩管理について

無痛分娩外来

麻酔科医師による無痛分娩のための専門外来を実施しています。
無痛分娩に関するいろいろな疑問にお答えします。
受診を希望される方は産婦人科外来でお声をおかけ下さい。
無痛分娩に伴う合併症や注意点について詳しくご説明いたします。

実施日…木曜日午後、第1・3・5土曜日午前

無痛分娩リーフレット

無痛分娩のための助産師外来

無痛分娩開始後の過ごし方について助産師より説明を行います。

実施日…火曜日、水曜日午後

インフォームドコンセント

硬膜外鎮痛法による無痛分娩の利点、合併症、その他注意事項についての説明を行った際に同意書を取得しています。

同意書(サンプル)
閉じる

ページの先頭へ

無痛分娩の実施

無痛分娩の管理

産科麻酔のトレーニングを受けた麻酔科医が実施します。
麻酔科医の指示のもと、院内講習会「安全な無痛分娩のための講習会」を受講し、認定試験に合格した助産看護師が補助を行います。

院内講習会の様子

【院内講習会の様子】

無痛分娩の実施

陣痛発来に合わせて休日、夜間を問わず実施しています。
また、症例により分娩誘発を行い計画的な実施もしています。

無痛分娩の開始

分娩の進行がみられ、かつ妊婦さん自身が鎮痛を希望した時点で血液検査にて止血凝固機能などに異常がみられないことを確認し、麻酔科医が硬膜外カテーテルを挿入し、開始します。

無痛分娩の終了

分娩後処置の終了後に硬膜外カテーテルを抜去します。
無痛分娩終了後には麻酔科医による診察を行います。
閉じる

ページの先頭へ

緊急事態への対応

緊急時には麻酔科専用コールにて麻酔科医師が対応いたします。
また、院内緊急コールシステム(メディカルコントロールシステム)にて救命科医師が対応する体制をとっています。
緊急事態に備え、助産看護師および産科医師を対象とした緊急事態シミュレーション訓練を実施しています。




【訓練風景の様子】

閉じる

ページの先頭へ

無痛分娩実施数

 

分娩数 無痛分娩実施数
平成26年度 757 28
平成27年度 750 59
平成28年度 761 106
 
閉じる

ページの先頭へ