アレルギーセンターの実績

診療実績

■新規患者数

   成人 小児 
総数 内、紹介患者 総数 内、紹介患者
気管支ぜん息 242 155 29 11
アトピー性皮膚炎 133 76 52 20
アレルギー性鼻炎 235 104 40 19
花粉症 10 0 2 1
アレルギー性結膜炎 41 5 4 1
食物アレルギー 18 17 113 92
アレルギー性じん麻疹 17 5 7 4
アナフィラキシーショック 4 1 0 0
アレルギー性皮膚炎 2 2 0 0
※単位は「人」

 

■アレルギー疾患患者の逆紹介数


成人 逆紹介数 小児 逆紹介数
気管支ぜん息 45 1
アトピー性皮膚炎 13 3
アレルギー性鼻炎 18 3
花粉症 0 0
アレルギー性結膜炎 2 0
食物アレルギー 1 25
アレルギー性じん麻疹 2 1
アナフィラキシーショック 0 0
アレルギー性鼻炎 0 0
※単位は「人」

 

■食物経口負荷試験実績

外来検査件数 932件
入院検査件数 140件

 

■免疫療法実施実績

舌下免疫療法 7件
皮下免疫療法 11件

 

閉じる

ページの先頭へ

著書・論文

英文(原著・総説・その他)

論文題名(著者名・共著者名) 発表誌名 ページ 発行年
Basophil count is a sensitive marker for clinical progression in a chronic spontaneous urticaria patient treated with omalizumab.  Kishimoto I, Kambe N, Ly NTM, Nguyen CTH, Okamoto H. Allergol Int. (in press) - 2019
Hereditary leiomyomatosis and renal cell cancer syndrome in which skin biopsy gave a chance to make a diagnosis.  Matsuda T, Kambe N, Ueda-Hayakawa I, Yamazaki F, Oe C, Yoshida K, Kinoshita H, Furuya M, Okamoto H. J Dermatol. (in press) - 2019
Dasatinib-induced Sweet syndrome in a patient with chronic myelogenous leukemia.  Matsuda T, Ueda-Hayakawa I, Kambe N, Fujita S, Okamoto H. J Dermatol. (in press) - 2019
Critical role of CCL4 in eosinophil recruitment into the airway.  Kobayashi Y, Konno Y, Kanda A, Yamada Y, Yasuba H, Sakata Y, Fukuchi M, Tomoda K, Iwai H, Ueki S. Clin Exp Allergy (in press) - 2019
Eosinophilic Upper Airway Inflammation in a Murine Model Using an Adoptive Transfer System Induces Hyposmia and Epithelial Layer Injury with Convex Lesions.  Kanda A, Kondo K, Hosaka N, Kobayashi Y, Bui DV, Yun Y, Suzuki K, Sawada S, Asako M, Nakamura A, Tomoda K, Sakata Y, Tsuta K, Dombrowicz D, Kawauchi H, Fujieda S, Iwai H. Med Sci 5;72(2) - 2019
Regulation of Interaction between the Upper and Lower Airways in United Airway Disease.  Kanda A, Kobayashi Y, Asako M, Tomoda K, Kawauchi H, Iwai H. Med Sci 11;7(2) - 2019
Case of pityriasis rubra pilaris progressed to generalized erythroderma following blockade of interleukin-17A, but improved after blockade of interleukin-12/23 p40.  Matsuda T, Yamazaki F, Ueda-Hayakawa I, Kambe N, Okamoto H. J Dermatol. 46(1) 70-72 2019
HFA-BDP metered-dose inhaler exhaled through the nose improves eosinophilic chronic rhinosinusitis with bronchial asthma: A blinded, placebo-controlled study.  Kobayashi Y, Yasuba H, Asako M, Yamamoto T, Takano H, Tomoda K, Kanda A, Iwai H Frontiers in Immunology 9 2192 2018
TARC expression in the circulation and cutaneous granulomas correlates with disease severity and indicates Th2-mediated progression in patients with sarcoidosis.  Nguyen CTH, Kambe N, Ueda-Hayakawa I, Kishimoto I, Ly NTM, Mizuno K, Okamoto H. Allergol Int. 67(4) 487-495 2018
Early cutaneous eruptions after oral hydroxychloroquine in a lupus erythematosus patient: A case report and review of the published work.  Matsuda T, Ly NTM, Kambe N, Nguyen CTH, Ueda-Hayakawa I, Son Y, Okamoto H. J Dermatol 45(3) 344-348 2018

邦文(原著・総説・その他)

論文題名(著者名・共著者名) 発表誌名 ページ 発行年
自己炎症性疾患-最新の基礎・臨床知見-】 狭義の自己炎症性疾患 ブラウ症候群.(神戸直智.) 日本臨床 76(10) 1758-1762 2018
【研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方】 薬効別・薬の使い方
外用薬(保湿薬、ステロイド薬)( 神戸直智.)
小児科診療 81(5) 651-655 2018
閉じる

ページの先頭へ

学会・研究会発表

演題名 発表者・
共同発表者
学会名 年月
蕁麻疹・アトピー性皮膚炎の治療薬が効かないと言われた時の対応. 神戸直智 第53回日本アレルギー学会専門医教育セミナー 2018年6月
コントロール不良ECRSに対するHFA-BDP経鼻呼出療法の追加治療効果の検証 小林良樹, 朝子幹也, 山本高久, 神田晃, 友田幸一, 安場広高, 岩井大 第67回日本アレルギー学会学術大会 2018年6月
ECRS鼻茸組織中の活性化好酸球はMIP-1βを発現する 尹泰貴, 小林良樹, Bui VD, 朝子幹也, 植木重治, 神田晃, 岩井大 第67回日本アレルギー学会学術大会 2018年6月
分子標的薬の登場によって明らかにされた蕁麻疹・蕁麻疹様皮疹の機序. 神戸直智. 第42回日本小児皮膚科学会術大会 2018年7月
Neural inflammation by nAChR expressed eosinophil in the eosinophilic chronic rhinosinusitis (ECRS) with asthma Dan Van Bui, Akira Kanda, Yoshiki Kobayashi, Yasutaka Yoon, Kensuke Suzuki1, Shunsuke Sawada, Hiroshi Iwai 第36回 耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会 2018年8月
オマリズマブ投与が奏功した特発性蕁麻疹の1例 神戸直智,岸本 泉,岡本祐之. 第100回日本皮膚科学会群馬地方会 2018年9月
3Dプリンターと画像を用いたマウス鼻副鼻腔の解剖学教育 神田晃、近藤健二、鎌倉快之、神納貴生、小林良樹、尹泰貴、鈴木健介、Bui Van Dan、坂田喜子、河野由美子、宇都宮啓太、谷川昇、川内秀之、岩井大 第57回日本鼻科学会総会・学術講演会 2018年10月
A novel approach for nasal hyper-responsiveness evaluation in eosinophilic airway inflammation model Dan Van Bui, Akira Kanda, Yoshiki Kobayashi, Yoshiko Sakata, Yumiko Kouno, Yoshiyuki Kamakura, Takao Jinno, Yasutaka Yoon, Kensuke Suzuki, Shunsuke Sawada, Keita Utsunomiya, Tanigawa Noboru, Hiroshi Iwai アレルギー・好酸球研究会2018 2018年10月
 エキスパートが選ぶトピックス2018:
アレルギー性気道炎症に対する母乳による免疫寛容のup to date
 神田晃、小林良樹、岩井大  第5回総合アレルギー講習会  2018年10月
患者の立場に寄り添い課題を考える予防や寛解維持. 神戸直智. アトピー性皮膚炎治療研究会第24回シンポジウム 2019年2月
オマリズマブ奏功例から考える蕁麻疹の病態 神戸直智,岸本 泉,岡本祐之. 第1回日本アレルギー学会地方会近畿支部学術講演会 2019年3月
基礎 好酸球の機能 神田晃、小林良樹、朝子幹、岩井大 第1回日本アレルギー学会
地方会近畿支部学術講演会教育講演
2019年3月
閉じる

ページの先頭へ

その他

演題名 発表者・
共同発表者
学会名 年月
蕁麻疹・アトピー性皮膚炎の治療戦略 ~抗ヒスタミン薬のポジショニング~. 神戸直智 Allergy Symposium in FUKUI 2018年6月
かゆみ,潜んでいませんか? 皮膚科医から見るスキンケアと対処法. 肝疾患患者のかゆみ. 神戸直智 皮膚ナーシングを検討する会 in Osaka 2018年3月
帯状疱疹の治療〜新規治療薬の登場で何が変わる?〜 神戸直智 布施医師会学校医研修会兼学術講演会 2018年6月
帯状疱疹の治療〜新規治療薬の登場で何が変わる?〜 神戸直智 東大阪市平岡医師会学術講演会 2018年10月
湿疹・皮膚炎への治療アプローチ 〜抗ヒスタミン薬のポジショニング〜. 神戸直智 八尾市医師会10月学術講演会 2018年10月
アレルギー性皮膚疾患に対する抗ヒスタミン薬の役割. 神戸直智 岩手県皮膚科セミナー 2018年11月
皮膚病に対する外用剤と抗ヒスタミン薬の使い方 神戸直智 布施医師会学術講演会 2019年3月
オマリズマブによって明らかとなった蕁麻疹の病態とIgEの役割 神戸直智 北河内 Dermatology Meeting 2018年12月
アレルギー性皮膚疾患に対する抗ヒスタミン薬の役割. 神戸直智  ルパフィン発売1周年講演会  2018年12月
蕁麻疹・アトピー性皮膚炎の治療. 外用剤,生物学的製剤,そして抗ヒスタミン薬の立ち位置 神戸直智 茨木市薬剤師会講演会 2019年2月
アレルギー性皮膚疾患に対する抗ヒスタミン薬の役割 神戸直智 第53回奈良県皮膚科研究会 2019年2月
自己炎症症候群との出会いから考える生体防御と炎症. 神戸直智 第14回金沢小児・皮膚免疫アレルギー研究会, 2019年3月
閉じる

ページの先頭へ