難病センター

当センターは、大阪府難病診療連携拠点病院として難病に関する豊富な診療実績を有する病院内外の各領域の診療科の医師と連携し、難病の早期診断と適切な診療により、難病患者の生活の質を向上できる体制づくりに努めています。

ご挨拶

難病医療は現在、難病の多様性・希少性などの特性を踏まえ、早期診断・適切な疾病管理・質の良い療養生活が求められています。
当院は国の難病対策基本方針に基づく新たな難病医療提供体制を目指し、平成30年11月1日付けで大阪府の難病診療連携拠点病院に指定されました。
今後、他の難病医療協力病院等とともに難病医療ネットワークの一員として、難病の早期診断から療養生活まで患者さんを支える体制の充実に寄与していく所存です。

センター長 藥師寺 祐介

 
閉じる

難病センターの特徴

特定機能病院としての機能をフルに活用して、各診療科の指定難病登録医、看護師を始めとしたメディカルスタッフ、ソーシャルワーカーなどが協力して難病診療に対応します。
 

 
閉じる

疾患の説明

疾患群別

50音別

※受診をご希望の際は、かかりつけ医より地域医療連携部へ各診療科宛にお申込みいただきますようお願いいたします。
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

<情報発信>
1)市民公開講座
一般の方に難病を広く知って頂くための市民公開講座を積極的に開催します。市民公開講座は開催が決定次第ご案内いたします。
 
2020年1月18日難病センター市民公開講座を開催いたしました。(詳細はこちら
 
2)地域の医療従事者向けの研修会
難病治療に携わる医療従事者等を対象とした、研究成果など最新の医療情報を提供するための研修会や勉強会を開催致します。最新の勉強会開催情報は、決まり次第お知らせいたします。
閉じる

ページの先頭へ